業務自動化で、企業の競争力強化を実現するIntelligent Control Tower

AIを軸にした業務自動化で、ハイパーオートメーションの時代を生き抜く

RPAによる一部業務の単純な自動化から時代は進み、一連のプロセスを自動化する“ハイパーオートメーション”の時代では、基幹業務・意思決定はAIを軸にしたプロセスに支えられ、企業活動はより洗練されていきます。アビームコンサルティングの提供する“Intelligent Control Tower”はこのAIを軸にしたプロセスの自動化を実現し、企業の競争力強化を支援します。
“Intelligent Control Tower”は、AIを軸にした業務とERPに蓄積されたデータを融合させ、End-to-Endで業務オペレーションをモデリングします。アビームコンサルティングではこれを”Self-Automated”と定義しており、次世代ERP導入時の重要成功要因と位置付けています。業務サイクル全体の自動化を実現するソリューション、“Intelligent Control Tower”の導入・活用サポートまでをワンストップで提供します。

業務サイクル全体の自動化とIntelligent Edgeソリューション

企業を構成する業務は、CoreとEdgeに分類されます。今まではCoreのデータを人が自らBIツールで可視化し、状況を判断し、属人的方法で効率性を上げていた部分を、これからはIntelligent Edgeソリューションが、適切なタイミングで通知し(Self-Visualize)、処理を自動化し(Self-Acting)、実行結果を診断し(Self-Diagnosis)、改善につなげていく(Self-Augmented)、という形で業務サイクル全体を自動化していきます。次世代ERPプロジェクトでは、過去のプロジェクト実績とDXアクセラレーターから、Edge/Core業務を選別し、AIを軸にした業務モデリング(Self-Automated)を行います。

業務サイクル全体の自動化とIntelligent Edgeソリューション

サービス概要

Intelligent Control Towerは、企業のSelf-Automatedを加速します。従業員が使う各種デバイスとERPの間にControl Towerが設置され、情報の伝達・処理の実行を代替し、仕事のパートナーとして日々の業務をサポートします。また、今までの属人化された判断基準・専門知識をControl Towerが担うことで、よりスピーディで論理的な判断が可能となります。

サービス概要

サービスの特徴

Intelligent Control Towerのアルゴリズムは、S/4HANAとユーザーデバイス、クラウドソリューションとのつながりを容易にするため、SAP Cloud Platform上で動かすことを前提としています。フロントエンドを担う可視化ツールはSAP IBP、SAP Analytics Cloud、Fioriで、通知機能はSlackを想定しています。ただし、フロントエンドに関しては、導入先企業のツールとの親和性が確認できれば、そちらとの融合も可能です。
Intelligent Control TowerはSaaS型のパッケージソリューションではなく、あくまでもアビームテンプレートをベースに導入先企業にフィットするようにカスタマイズした上で導入するソリューションです。

サービスの特徴

Order-to-Cashのアビームテンプレートとしては、3つの基本機能を備えており、導入先企業に合わせカスタマイズします。

3つの基本機能

導入プロセス

最初に、現行のデータセット・業務を把握した上で、S/4HANAのベストプラクティス・AIを軸にした業務モデリングを行い、Self-Automatedの対象範囲を選定します。その後、機能を選定し、Intelligent Control Towerのアーキテクチャを決定し、アビームテンプレートをベースに導入先企業の業務モデルに沿った仕組みを構築し、展開します。

導入プロセス

PDFダウンロード

専門コンサルタント

「サプライチェーンマネジメント」 関連のお客様事例

千代田化工建設株式会社

千代田化工建設株式会社
大手エンジニアリング企業で国内初のSAP® ERP本格導入を実現。
国内外のプロジェクトを把握できるIT基盤の構築を1年半で実施。

京王電鉄株式会社

京王グループ
鉄道事業会計規則に対応したテンプレート ATS(ABeam Transportation Solution)でグループ全体を見据えた経理システムに一元化。

カゴメ株式会社

カゴメ株式会社
業界の10年後を見据え取引制度を抜本改革 。
販売物流システムも刷新し、 需要創造型営業を推進するIT基盤を整備。

大塚ホールディングス株式会社

大塚ホールディングス株式会社
グループ企業間の異なる事業分野と商流の壁を越えた販売物流システムをSAP導入で刷新・構築。 グループのITインフラ基盤構築に向け、重要な一歩を踏み出す。

タイスタンレー(Thai Stanley Electric Public Co., Ltd.)

タイスタンレー(Thai Stanley Electric Public Co., Ltd.)
グローバル標準化に合わせた海外初のSAP導入を支援。
現地業務プロセスとのバランスを配慮、標準化定着に大きな意義。

マコーミック&カンパニー

マコーミック&カンパニー
拡大する中国ビジネスを支える経営基盤の強化をSAP® ERP によるグローバルなシステム標準化により支援。
「お客様の成功をともに考える」熱意にも高い評価。

花王株式会社

花王株式会社 2010年度版
SAP® ERP を活用し、ベストプラクティスを追求。
10年の歳月をかけ、世界のグループ企業の基幹システムを統一。

ヤマハ株式会社

ヤマハ株式会社
グローバル情報分析基盤をインメモリデータベースにマイグレーション
経営層への迅速な情報提供を実現

花王株式会社

花王株式会社
フィールド業務支援のためのモバイル統合基盤を構築。
コミュニケーションの促進 、業務効率向上を実現。

TOTO株式会社

TOTO株式会社
競争力強化を掲げ、
アジアマーケット拡大のための経営基盤を構築。
新興国市場におけるタイムリーな経営情報の提供を実現。

株式会社トミー ヒルフィガー ジャパン

株式会社トミー ヒルフィガー ジャパン
SAPのアパレル業界向けソリューションである AFS(Apparel and Footwear Solution)をグローバル統合の基盤に活用 。
SAP標準を最大限に活用しながら日本独自要件を実現。

四国旅客鉄道株式会社

四国旅客鉄道株式会社
鉄道会社ならではの財務会計業務における数々の課題を、実績豊富なテンプレートソリューションで解決。

ブラザー工業株式会社

ブラザー工業株式会社
アビームコンサルティングをReal Partner として10年間の取り組みを結実。「グローバルビジョン21」の達成へと邁進。

花王株式会社

花王株式会社 2005年度版
アジアにおけるグローバル展開強化を目指し業務標準化を行なった「ABSプロジェクト」。アジア22拠点にSAPを導入し業務改善を推進。

花王株式会社

花王株式会社
グローバル事業の強化を目的に、品目マスタ管理システムを統合。
日本、欧米、アジアの共通システム導入で効率的なマスタ管理を狙う。

「SAPコンサルティング」 関連のお客様事例

JFEスチール株式会社

JFEスチール株式会社
グループ約80社へ新財務会計システムを一気に展開。
国内外の激変する経営環境の中で継続的なビジネス成長を支える経営基盤構築に大きく貢献。

「サプライチェーンマネジメント」関連のサービス

「SAPコンサルティング」関連のサービス

page top