R&D業務プロセス改革・製品化支援サービス

R&D業務プロセスの最適化、技術シーズとニーズのマッチングによる製品化を支援

技術革新が急速に進む近年、R&D業務を取り巻く環境も大きく変化し、各企業は先端技術を活用し、ニーズを的確に把握しつつ、効率的・効果的に製品開発を行う必要性に迫られています。
アビームコンサルティングは、『R&D業務プロセス改革支援』、『技術シーズ製品化支援』という2つのサービスを提供することで、企業が直面する問題の解決を支援いたします。

R&D業務におけるよくある悩み

R&D業務において、業務プロセスの効率化、技術シーズの製品化、という2点に多くの企業が悩んでいます。

<よくある悩み①>
R&D業務プロセスが非効率
・社内外含めた多くの部署が関連し、長期化することで、プロセスが複雑化
・場当たり的な改善や規制対応で、プロセス/システムがつぎはぎだらけに
・上記の結果、情報が分散、人手による対応も多い
・事業部ごとにプロセス/システムがバラバラ、M&A後の統合が進まない

<よくある悩み②>
技術シーズが製品にならない
・技術研究はしているが、現場のニーズや活用シーンがわからないため、製品化につながらない
・市場規模が小さい、競合との差別化が難しいなどの理由で、収益化が困難
・アライアンス候補の選定、収益モデルの構築など、実現までのステップが描けない
 

サービス概要

アビームコンサルティングは、数々のサプライチェーン業務改革を行ってきた経験と、企業のオペレーションや現場ニーズに対する深い理解に基づいて、R&D業務プロセス改革および技術シーズの製品化を支援いたします。

<R&D業務プロセス改革支援>
豊富な実績に基づいた業務改革の視点と製品開発の視点で、R&D業務プロセスの改革を支援します。

<技術シーズ製品化支援>
サプライチェーンにおける現場ニーズへの深い理解と、最新の技術動向を踏まえた市場・競合分析により、稼げるニーズを探し出し、技術シーズの製品化を支援します。

アプローチ1:R&D業務プロセス改革支援

アビームコンサルティングが蓄積してきた業務/システム分析、改革の知見を最大限活用し、複雑多岐に渡るR&D業務プロセスにおいても、短期間で、現状調査からあるべき姿の構想策定、実行ロードマップ策定まで行います。

STEP1. 現状調査
・現状業務分析
・現状システム分析
・課題/改革ポイント抽出

STEP2. あるべき業務/システム化構想
・課題解決策策定
・システム化方針策定
・システム評価・選定

STEP3. 業務改革/システム導入計画策定
・効果試算
・施策優先順位検討
・ロードマップ策定

アプローチ2:技術シーズ製品化支援

サプライチェーンオペレーションや現場ニーズに関する深い理解から、技術シーズ活用アイデアの創出を支援し、自社・市場・競合等の分析に基づいたアクションプランの策定により、収益性の見込める製品化を支援いたします。

STEP1. 市場調査
・マーケット・トレンド調査
・競合サービス調査
・ホワイトスペース特定

STEP2. 技術シーズ活用アイデア創出
・対象技術のサプライチェーンへの影響調査
・サプライチェーン現場ニーズ洗い出し
・活用アイデア創出

STEP3. 将来市場調査
・アセット(自社資産)調査
・競合動向深堀
・ターゲット市場選定・規模概算

STEP4. 事業化に向けた整理
・開発方針策定
・アライアンス候補選定
・収益モデル・パターン検討
・アクションプラン策定

専門コンサルタント

「サプライチェーンマネジメント」 関連のお客様事例

千代田化工建設株式会社

千代田化工建設株式会社
大手エンジニアリング企業で国内初のSAP® ERP本格導入を実現。
国内外のプロジェクトを把握できるIT基盤の構築を1年半で実施。

京王電鉄株式会社

京王グループ
鉄道事業会計規則に対応したテンプレート ATS(ABeam Transportation Solution)でグループ全体を見据えた経理システムに一元化。

カゴメ株式会社

カゴメ株式会社
業界の10年後を見据え取引制度を抜本改革 。
販売物流システムも刷新し、 需要創造型営業を推進するIT基盤を整備。

大塚ホールディングス株式会社

大塚ホールディングス株式会社
グループ企業間の異なる事業分野と商流の壁を越えた販売物流システムをSAP導入で刷新・構築。 グループのITインフラ基盤構築に向け、重要な一歩を踏み出す。

タイスタンレー(Thai Stanley Electric Public Co., Ltd.)

タイスタンレー(Thai Stanley Electric Public Co., Ltd.)
グローバル標準化に合わせた海外初のSAP導入を支援。
現地業務プロセスとのバランスを配慮、標準化定着に大きな意義。

マコーミック&カンパニー

マコーミック&カンパニー
拡大する中国ビジネスを支える経営基盤の強化をSAP® ERP によるグローバルなシステム標準化により支援。
「お客様の成功をともに考える」熱意にも高い評価。

花王株式会社

花王株式会社 2010年度版
SAP® ERP を活用し、ベストプラクティスを追求。
10年の歳月をかけ、世界のグループ企業の基幹システムを統一。

ヤマハ株式会社

ヤマハ株式会社
グローバル情報分析基盤をインメモリデータベースにマイグレーション
経営層への迅速な情報提供を実現

花王株式会社

花王株式会社
フィールド業務支援のためのモバイル統合基盤を構築。
コミュニケーションの促進 、業務効率向上を実現。

TOTO株式会社

TOTO株式会社
競争力強化を掲げ、
アジアマーケット拡大のための経営基盤を構築。
新興国市場におけるタイムリーな経営情報の提供を実現。

株式会社トミー ヒルフィガー ジャパン

株式会社トミー ヒルフィガー ジャパン
SAPのアパレル業界向けソリューションである AFS(Apparel and Footwear Solution)をグローバル統合の基盤に活用 。
SAP標準を最大限に活用しながら日本独自要件を実現。

四国旅客鉄道株式会社

四国旅客鉄道株式会社
鉄道会社ならではの財務会計業務における数々の課題を、実績豊富なテンプレートソリューションで解決。

ブラザー工業株式会社

ブラザー工業株式会社
アビームコンサルティングをReal Partner として10年間の取り組みを結実。「グローバルビジョン21」の達成へと邁進。

花王株式会社

花王株式会社 2005年度版
アジアにおけるグローバル展開強化を目指し業務標準化を行なった「ABSプロジェクト」。アジア22拠点にSAPを導入し業務改善を推進。

花王株式会社

花王株式会社
グローバル事業の強化を目的に、品目マスタ管理システムを統合。
日本、欧米、アジアの共通システム導入で効率的なマスタ管理を狙う。

「サプライチェーンマネジメント」関連のサービス

page top