高度自然言語処理プラットフォーム

平時、有時の迅速な状況把握と意思決定を先端技術でサポート、危機対応力強化を推進

アビームコンサルティングは、総務省から委託を受けて「IoT/BI/AI情報通信プラットフォーム」の社会実装推進事業を行っています。SNSや自治体・関係機関等から発信される様々な自然言語情報を収集し、AIを用いた自然言語処理技術により解析・整理した結果を利用者に提供する「高度自然言語処理プラットフォーム」の研究開発と、地方自治体等での実証実験を進めています。

住民等がSNSに投稿した災害時の被害状況や平時での困りごと、DMATや保健所等の活動状況をはじめ様々な情報を高度自然言語処理プラットフォームで処理し、要約・整理された形で防災情報システムに連携させることで、災害時の状況判断や意思決定を支援する機能を提供することを目指しています。

すでに大規模地震などを想定した自治体の防災訓練で活用されており、平時では火災・事故など現地の情報把握等で活用できます。

 

最新動向

紹介動画

https://youtu.be/wB19QxiBAeQ

高度自然言語処理プラットフォームサイトへ

「公共」 関連のお客様事例

武蔵野市役所
64業務を網羅できる次期住民情報系システムの構築に向け、 業務にかかわる徹底的なヒアリングを実施。
業務改善 、ICTコスト圧縮 、システム品質向上を同時に達成できる要件定義・調達支援を実現。

三鷹市役所

三鷹市役所
ICT事業継続計画(BCP)策定プロジェクト。
地方自治体のICT事業継続計画(BCP)策定を支援。自然災害、停電、サイバー攻撃などさまざまな脅威に対応、リスクや優先度、行動手順を可視化し、実効性あるBCPを実現。

「公共」関連のサービス

page top