DXの成功と失敗の分岐点 DXを経営の中枢へ
「日本企業のDX取り組み実態調査」

はじめに

 Download Now2020年10月~11月、アビームコンサルティングは、日本におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みの実態とその成功と失敗の分岐点を明らかにすることを目的に、「日本企業のDX取り組み実態調査」を実施しました。年間売り上げ1,000億円以上の企業のDX推進の意思決定に関与する部長職以上の役職者、515名を対象としています。

 今、企業に求められているのは、単なるデジタルツールの導入やアナログな仕組みをデジタル化することではなく、企業そのものをデジタルテクノロジーにより変革することである。かつてないほど、短命化する企業の競争優位性、パーソナライズ化されたニーズへの対応、そして業界の垣根を超えた競争環境の変化などに対応するため、デジタルテクノロジーを活用した抜本的な改革は待ったなしの状況です。

 一方、多くの企業がDXに関連する取り組みを行っているものの、成功に至っている企業は約7%であることが調査から判明しました。これは、企業にとって変革プロジェクト自体の難易度が高いうえに、新規事業の創出や既存事業の売り上げ向上のためのビジネスモデル変革を目的とするDXの取り組みが、その難易度がさらに高いことを示唆しています。

 本調査では、現在、日本企業がDXのどのようなテーマにどのような推進体制で取り組みその成功と失敗をどう捉えているのか、そしてそれらの結果から、DXを推進する上での成功と失敗の分岐点はどこにあるのか、さらにはそれらの分岐点を乗り越え、成功へと導くためには何が必要なのかをまとめ示唆として提示しています。

数字で見る調査結果

数字で見る調査結果

 

DXを成功させるには、そのポイントは5つ

DXを成功させるには、そのポイントは5つ

 

ホワイトペーパー

日本企業にとってのDXの本質

目次
はじめに
Ⅰ. 日本企業の現在地
Ⅱ. 日本企業のDX成功のカギ
終わりに

「日本企業にとってのDXの本質」はPDFでのダウンロードが可能です。

Download Now

執筆者

関連ページ

page top