IT部門成熟度診断サービス

デジタル時代を生き抜くIT部門への変革に向けて

デジタル時代における企業の成長や競争優位性確保のためには「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」を推進することが求められています。その取り組みにおいては、企業が抱える様々なITの課題を解決する必要があり、IT部門の担う役割が重要になっていきます。
アビームコンサルティングでは、IT部門成熟度診断サービスを通してIT部門の現状を把握した上で、次世代のIT部門のあるべき姿とそれを実現するためのロードマップを描き、企業のビジネス目標達成に貢献するIT部門への変革を支援します。

2025年の崖

経済産業省が2018年に発表した「DXレポート」の中で、「技術的負債の拡大」「レガシー化の拡大」「IT人材の不足」の問題が提起されました。
それらに対して対策を講じない場合、経済的損失の発生やサイバーセキュリティ、事故・災害によるシステムトラブルやデータ滅失等のリスクが高まると言われています。

2025年の崖

デジタル時代を生き抜くIT部門への変革に向けて

”デジタル技術の活用による新たなビジネスモデルの創出“を実現するためには、企業が抱える様々なIT課題を解消していくとともに、ビジネスやテクノロジーの変化に追従するIT基盤や、ビジネスニーズを速やかにITで具現化できるIT組織・体制の整備など、”IT部門の役割を再定義”しITマネジメントを強化していくことが鍵だと当社は考えます。

デジタル時代を生き抜くIT部門への変革に向けて

アビームコンサルティングの提供価値

アビームコンサルティングでは、当社が持つ豊富な業界ナレッジやフレームワーク、数多くのクライアントへのコンサルティング実績で蓄積した知見を活用し、貴社IT部門の成熟度を診断します。
成熟度の診断に留まらず、貴社の状況や意向を踏まえIT部門のあるべき姿(役割再定義)を定めた上で、システム/組織・体制/人材等のIT部門課題への対応策とロードマップを、約1~2ヶ月程度の短期間で策定します。

サービスアプローチ

成熟度診断、あるべき姿・施策対応、計画策定、の3Stepで実施いたします。

 

Step1 : 成熟度診断
当社保有の診断シートを利用し、関連資料の確認、アンケート調査・ヒアリングを実施します。ベンチマーク、COBITなど各種基準を踏まえ、貴社IT部門の成熟度を算出します。

 

Step1 : 成熟度診断

 

Step2 : あるべき姿・施策検討
成熟度診断結果やヒアリングを通して「システム」「組織・体制」「人材」に関するIT部門の役割再定義の観点で調査結果を分析し、課題を抽出します。課題と貴社の意向を踏まえてIT部門のあるべき姿を描き、その実現に向けた課題への対応を、短期/長期施策として導出します。

 

Step2 : あるべき姿・施策検討

 

Step3 : 計画策定
各施策の達成する時期を明確にして、マイルストーンを決定します。
マイルストーンを基にロードマップを作成し、既に計画されている取り組みとの整合性の確認、実現性等を精査して最終化します。

 

Step3 : 計画策定

PDFダウンロード

関連サービス

専門コンサルタント

page top