データ活用体制構築支援サービス

ビジネスにおけるデータ活用レベル向上の難しさ

AI・ML・IoT 関連技術の発展、データ活用に対する経営層の関心の高まり、データ活用能力の差による競合間格差の広がり等を受け、ビジネスにおけるデータ活用レベルの向上は、昨今緊要な経営課題となっています。
しかしながら、企業におけるデータ活用レベル向上への取り組みは、経営層、プロジェクト管理者、ならびに業務に直接従事する現場社員それぞれの立場において、困難が伴います。

従来サービスの限界とアビームコンサルティング独自のアプローチの優位性

アビームコンサルティングでは、ビジネスに本質的な価値をもたらす成果を創出するためには、 「分析スキルの向上」と「データ活用体制の構築」の両方に取り組むことが切要であると考えています。
従来のコンサルティングサービス等が「企業BI力」を高める成果まで至らない要因は、「分析スキル」「データ活用体制」のいずれかに焦点を当てた、部分的なソリューションであることに起因します。
アビームコンサルティングでは、それら2つの取り組みを並行して推進することにより、お客さまの組織におけるデータ活用レベルの向上を支援します。

ビジネスにおけるデータ活用レベル向上の難しさ

アビームコンサルティングでは、個々の企業の実情に鑑み、実効性をともなう段階的な成果を目指します。

経営戦略の実現性を高めるデータ活用組織の構築

アビームコンサルティングでは、経営戦略に鑑みて、部門ごとに実施している各種データ分析業務を一括管理する組織体制を構築することにより、「戦略実現性の向上」と「データ活用レベルの向上」を同時に実現することを目指します。

ブラックボックス化しないAI/MLの活用

人工知能(AI)/機械学習(ML)の業務活用は、可読性が低下やすいのが一般的です。アビームコンサルティングでは、製品/サービス/業務のライフサイクルにインテリジェンス・サイクル※を融合した、ホワイトボックスなAI/ML活用アプローチを提供します

  • ※「インテリジェンス・サイクル」:政策決定者からの要求を受けて情報を 収集および分析し、行動を起こすために必要な情報(インテリジェンス) を生産する一連の営みのこと。

AI/MLを活用した課題解決アプローチの例

人工知能(AI)/機械学習(ML)の活用において、「データがあれば、AI/MLが自動で知見を導いてくれる」といったイメージが先行していますが、AI/MLを課題に合わせて制御する、という視点が不可欠です。

PDFダウンロード

専門コンサルタント

「ABeam AI」 関連のお客様事例

株式会社ワコム

株式会社ワコム
グローバル全拠点のITサービスデスク業務を
24時間体制、日英対応で柔軟にサポート

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
AIを活用した与信精度高度化の実証実験を実施
取引情報の評価ロジックを最適化、与信システムを再構築

西日本旅客鉄道株式会社

西日本旅客鉄道株式会社
20万件以上蓄積された事故や安全に関する気づきを分析
安全マネジメント統合システムによるさらなる安全性向上を目指す

日本電気株式会社

日本電気株式会社
中南米地域へグローバル共通の経営基盤を導入。リアルタイムの連結経営と業務プロセス改革を実現。

NEC Corporation of America

NEC Corporation of America (NECAM)
東京発のグローバル標準化―
“One NEC”に向けた経営改革プロジェクトが、米国をはじめ世界各地の拠点で続々と展開中。

マコーミック&カンパニー

マコーミック&カンパニー
拡大する中国ビジネスを支える経営基盤の強化をSAP® ERP によるグローバルなシステム標準化により支援。
「お客様の成功をともに考える」熱意にも高い評価。

西日本鉄道株式会社

西日本鉄道株式会社
多角経営によるグループ経理システムをグランドデザイン。
鉄道事業特有の会計規則にABeam独自のテンプレート、ATSで対応し、グループ連結決算の早期化を実現。

花王株式会社

花王株式会社 2010年度版
SAP® ERP を活用し、ベストプラクティスを追求。
10年の歳月をかけ、世界のグループ企業の基幹システムを統一。

株式会社 バンテック

株式会社 バンテック
組織統合に伴う経営基盤の一元化。
SAP® ERPパッケージ導入とATSの活用で、グローバルな経営基盤システムを短期間で構築。

ブラザー工業株式会社

ブラザー工業株式会社
アビームコンサルティングをReal Partner として10年間の取り組みを結実。「グローバルビジョン21」の達成へと邁進。

花王株式会社

花王株式会社 2005年度版
アジアにおけるグローバル展開強化を目指し業務標準化を行なった「ABSプロジェクト」。アジア22拠点にSAPを導入し業務改善を推進。

三井物産株式会社

三井物産株式会社
「最強の総合力商社」を目指しBPRを推進共通化された商社ビジネスパターンは約1万。

「ABeam AI」関連のサービス

page top