脳活

パフォーマンス向上とレジリエンス力強化を目指した脳科学的アプローチ(脳活)

質の高い生活習慣の実践、パフォーマンス向上に向け、脳科学的アプローチを通じた取り組みを進めています。具体的には、脳の機能を意識した食事・睡眠・運動方法や効率的な仕事術の提案(理想的な1日の時間の使い方など)、レジリエンス(回復力)強化のための方法、効果的な休息方法などです。

Smart Work Initiativesとのコラボ企画、
脳科学者によるセミナー

Smart Work Initiativesとのコラボ企画、脳科学者によるセミナー

顧問の枝川義邦先生と、脳活(脳科学)チームの社内展開最初の取り組みとして、「パフォーマンス向上のために脳をマネジメントする方法」というテーマで、社内セミナーを開催しました。「脳」の特徴、記憶力・思考力・コミュニケーション力を強化するための工夫、脳を疲れさせない方法について、また、パネルディスカッションでは、「すぐに実践できる脳のパフォーマンス向上法」について、枝川先生とディスカッションをしました。

脳科学の視点を身近にするニューズレターや
ポスターによる情報配信

脳科学の視点を身近にするニューズレターやポスターによる情報配信

定期的なニューズレターによる情報配信をしています。脳の機能とは何かを理解するために、脳を装置ととらえ、脳の「ソフトウェア」としての特殊な機能(感情・記憶等)、「ハードウェア」としての機能(心臓や肝臓と同じ臓器の一部で、生物としての限界や制限がある)の両方を理解し、効率的に働かせ、メンテナンスができるよう、身近なTipsの紹介をしています。

page top