働き方改革

ビジョン

クライアントコンサルタント双方にとってアビームコンサルティングが魅力的であること

 

働き方改革』とは一般的に「業務の生産性を高め効率よく仕事をすること、多様な働き方を認めて個人の能力を最大化すること」という意味で用いられています。

ABeamが実現したい『働き方改革』 とは社員一人ひとりがプロフェッショナルとして自律し、より自由に、より知的に、より活き活きと働くことです。

働き方改革』を実現することで、クライアント真の価値創造に貢献し続けます。

取り組み

より自由に、より知的に、より活き活きと働くこと

私たちが働き方改革に取り組むにあたり、アビームにおける働き方改革とは何か、この定義を考えることが最初の悩みでした。この悩みは、「生産性」という言葉をどう解釈するか、と言い換えても良いかもしれません。限られた時間の中で最大限の成果を出す。言葉にすればシンプルですが、我々が担っている成果は、作業効率を上げて量を増やすことが全てではないからです。

クライアント各社が我々に仕事を依頼する背景には、変革を実現することに対する期待が必ずあります。変革の実現がクライアントに提供できる我々の一番の付加価値だとすれば、その付加価値をアビームにしかできない形で最大化することを、働き方改革実現に向けた対策の一番目に据えたい、そのように考えました。

クライアント内からだけでは出てこないやり方改革結びつくようなアイディア、困難な状況でも活力を持って前向きに考える態度。アビームの社員一人ひとりが、より自由に、より知的に、より活き活きと働くこと。そのためにあるのが、アビームの働き方改革であると考えています。

プロジェクトメンバーやクライアントとの会話や関わりの時間を持つことは、我々が我々らしくあるために、とても重要です。また、クライアントの期待を超えるためには、自分たちの世界を広げる余裕や遊び心を持って、我々自身がワクワクと働くことが大切です。そして、変革を推進するためには、十分な休息を取りエネルギッシュで前向きであることも欠かせないことです。

働き方改革は、社員それぞれが働く現場をより良くする取組です。また、その結果をクライアントに対する価値の向上に結び付けなくてはなりません。この実現のためには、これまでのどの改革よりも、社員の意見を多く取り入れ、組織・風土づくりに取り組みます。

 

場所と時間に捉われない働き方を可能とする「Free Location制度」

アビームコンサルティングでは、社員一人ひとりが、より生産性を上げて高い付加価値を生み出すことができるよう場所と時間に捉われない働き方を可能とする勤務制度としてテレワーク「Free Location制度」を導入しています。

Free Location制度の利用により、アビームオフィスやクライアント先だけでなく、自宅やシェアオフィスでの勤務、モバイル活用を可能とすることで、生産性の向上を図ります

 

働きやすい環境への取り組み

限られた時間の中で生産性を高めるためにはどのような工夫が必要なのか。何から始めるのが望ましいのか。こうしたことを従業員ひとりひとりが自ら考え、働き方を見直す意識を持つことが、変革を起し定着させるためには欠かせません。私たちは日ごろより「より短時間で効率的に働く」意識を醸成するために、3つのNOに取り組んでいます。

 

 

 

page top