カーボンニュートラル実現への取り組み


再生可能エネルギーの活用拡大とエネルギー使用量削減を推進


アビームコンサルティングは、2030年までに事業活動による温室効果ガス排出量※をゼロにし、カーボンニュートラルを実現するという目標を設定しました。
まずは、2025年を目途に日本国内の拠点が先行し、2030年までに国内外すべての拠点でのカーボンニュートラル達成を目指します。

※GHGプロトコルに基づく、Scope1・Scope2排出量が対象

1. 再生可能エネルギーの活用
 

アビームコンサルティングの各拠点(オフィスビル)は、テナントビルに入居しており、直接電力会社と契約していないため、ビルオーナーとも連携し、再生可能エネルギーの調達・利用に向けた調整を進めていきます。
既に、2021年4月より本社(丸の内永楽ビルディング)で使用する電力は、再生可能エネルギー由来の電力への切り替えが完了しており、今後も対象拠点を拡大していきます。
また、オフィスの新設・移転時の選定基準に、再生可能エネルギーの活用可能性に関する基準を追加し、運用していきます。
 

2. 省エネルギーの推進(エネルギーマネジメントの強化)
 

アビームコンサルティングの国内拠点では、エネルギー使用量・CO2排出量のモニタリングを行いながら、夜間自動消灯やエリア毎の空調設定といった、オフィスのエネルギー管理のさらなる高度化に向けた運用面での改善に継続的に取り組んでいます。この取り組みにより、2019年度・2020年度は、オフィス床面積当たりCO2排出量原単位が減少しています。一方、その期間では、利用するオフィス床面積が増加しているため、CO2排出量の総量には大きな変動がありません。
 

アビーム国内オフィスのCO2排出量推移

 

アビームコンサルティングの温室効果ガス排出量


2020年度のスコープ3排出量は、コロナ禍のリモートワークの拡大により、カテゴリ6(出張)およびカテゴリ7(通勤)の排出量が大幅に減少しました。今後は、取引先事業者との協働によるカテゴリ1(購入した製品・サービス)の排出量の算定の精緻化や削減を推進していきます。

バリューチェーン全体の温室効果ガス排出量(2019年度・2020年度)

 

カーボンオフセットの取り組み

 

kankyo_green

アビームコンサルティングでは、環境負荷低減はもとより、再生可能エネルギーの普及促進を目的に、毎年1回全社員が集う会議において、グリーン電力証書※1を利用したカーボン・オフセットを実施しています。

グリーン電力証書は2009年より毎年継続的に利用しており、2019年度は、10,000kWhのバイオマス発電によるグリーン電力証書を購入しました。これまでの総購入量は137,000kWh、CO2排出量に換算すると63.07t-CO2※2の削減となります。

同会議はアビームコンサルティングのオフィス外で開催しており、参加者には電車・バスなどの公共交通機関による移動を呼びかけるなど、社員の環境意識向上のための啓発にも取り組んでいます。
(2020年度以降は、コロナ禍のため、リモート開催となっています。)



※1 グリーン電力証書 : 太陽光、バイオマスなどの自然エネルギーでつくったグリーンな電気が持つ「環境付加価値」を「証書」化して取引することで、自然エネルギーの普及・拡大を応援する仕組み。
※2 地球温暖化対策推進法に基づく環境省公表の換算係数を使用。

page top