Direct to Consumer(D2C)支援サービス

~ 単なる直販ではなく、ブランド独自の体験やサービスを提供し「指名買いされるブランド」になる ~

B2B2C 企業は、中間業者を介すことで多くのメリットを享受する一方で、「顧客像が見えないまま商品開発しなければならない」「中間業者による安値販売でブランドが毀損した」「店頭の棚に並べてもらうために多額の広告費が必要になる」「固定客とのつながりを持つことができない」などのデメリットが存在しています。近年のデジタルテクノロジーの進展により、消費者とダイレクトに対話・販売・囲い込みができる「場」を作る事が可能となり、マスパーソナライゼーションによって直販事業を立ち上げたり、ファンコミュニティを構築してロイヤリティの高い顧客の囲い込みを図るなどの事例が増えています。

アビームコンサルティングは、直販モデルの構築だけではなく、顧客インサイトに基づく商品/ サービスの共創、顧客との関係強化やブランド体験価値を最大化するコミュニケーション基盤の導入など、Direct To Consumer(D2C)の企画・運営を包括的に支援します。

B2B2Cビジネスの主な課題とD2Cに取り組む意義

B2B2Cでは、直接顧客と接する機会が限られるため、顧客から共感を得る商品開発やプロモーションができない、売り場で価格競争に陥る、顧客との関係性を築けないといった課題が見られます。

B2B2Cビジネスの主な課題とD2Cに取り組む意義

D2Cを実現するプラットフォーム

アビームコンサルティングは、D2Cを実現するために欠かせない「顧客経験デザインと仮説検証サイクルを高速で回す業務プロセス(OODA Loop※)」の構築と、デジタルエクスペリエンスを提供する統合基盤(Unified Digital Experience Platform)の導入、トライアルプロジェクトの推進を支援します。

D2Cを実現するプラットフォーム

本サービスの特徴

D2Cはテンプレート化された方法論やシステム基盤を導入するだけで実現できるという簡単なものではありません。「その企業にしかない顧客体験」をカスタムメイドでデザインすること、複雑なデータ統合や機能開発を実現して顧客にその価値を提供すること、そしてその効果をリアルタイムで検証して改善することに、難易度が高くともチャレンジすることが重要です。
アビームコンサルティングは、「その企業にしかないD2C体験のデザイン」「D2Cを支える統合システム基盤の導入」「仮説検証サイクルを高速で回す伴走型業務支援」により、D2Cの成功に向けた取り組みを包括的に支援します。

D2C実現に向けた当社支援サービスの特徴

PDFダウンロード

関連ページ

専門コンサルタント

page top