ニューノーマル時代のグローバルマーケティング戦略策定支援サービス

~ ニューノーマル時代に適応し、「グローバルに現地で売れる仕組み」をつくる ~

これまで製造業においては、デジタルで購買の意思決定を完結させてしまう思考が強い層やデジタルネイティブ世代の登場によって、営業担当者が顧客に接触する前に製品・サービスの購買検討の主導権を握られ、営業機会が消失するという課題があり、その対応のために、案件創出やホットリード化を目的としたデジタルマーケティングに取り組んできました。
しかし、COVID-19の影響により、対面営業で接触できていた層かどうか、デジタルで購買意思決定を完結させるデジタルネイティブ世代かどうかを問わず全ての層との営業機会が減少し、売れていたものが売れなくなる状況は複数企業に連鎖的に発生し、また、状況は展開地域ごとに異なっています。
企業は「顧客」「売るもの」「売り方」の再定義に取り組み、さらにそれらを迅速に展開することが急務と言えます。アビームコンサルティングは、グローバルの展開地域ごとの売上回復に向けて、顧客戦略、販売戦略、チャネル戦略の再構築を支援します。

ニューノーマル時代のグローバルマーケティングの主な課題と解決の方向性

製造業は「自社だけでは需要を再活性化できない」「売れるもの/売れないもの、売り方が劇的に変わった」「デジタルシフトの取り組みとしてシステム導入したが期待した成果が得られない」といった、従来の方法が通じない難易度の高い課題に直面しています。さらに、新たな常識やあり方が定着していくニューノーマル時代を見据えて、新しい戦略構築に着手する必要にも迫られています。

ニューノーマル時代のグローバルマーケティングの主な課題と解決の方向性

課題解決のための当社のアプローチと本サービスの特徴

本サービスは、COVID-19の影響によるグローバルマーケティングの課題解決に向けた、マーケティング戦略の核である「顧客」の再定義やデジタルで売れるもの/売れないものの見極め、単なるシステム導入ではない、現地の状況変化を捉えた顧客接点のデジタルシフトなどを包含しています。

課題解決のための当社のアプローチと本サービスの特徴

プロジェクトの進め方

現状分析と戦略策定は、最短3ヶ月で実施可能です※。
現状分析フェーズでは展開地域の環境分析によって課題を洗い出し、グローバルマーケティング戦略の見直しの方向性を提言します。
戦略策定フェーズでは、現地で売れる仕組みの構築を目指し、また、先行者利益を得るために、スピード感あるロードマップとPoC計画の策定を支援します。

※各フェーズの期間は前提条件や状況により異なります。

プロジェクトの進め方

主な実績

アビームコンサルティングには日本企業のグローバルマーケティング戦略策定支援に関する豊富な実績があります。ニューノーマル時代においてもクライアント企業様の様々な課題解決や新発想を支援します。

主な実績

PDFダウンロード

専門コンサルタント

page top