国際財務報告基準(IFRS)対応支援サービス

攻めのIFRS適用 ~将来のデファクトスタンダード化を見据えた先取りの改革を支援~

IFRS(国際財務報告基準・国際会計基準)導入ではスピーディな対応が求められる一方で、対応範囲が広い為、IFRS移行日までに対応が十分に行えず、導入後に業務オペレーション負荷増大や、システム上の課題に直面することが有ります。アビームコンサルティングは、プロジェクトマネジメントや業務効率化、システム導入の豊富な経験と知見を基に、IFRSを導入する、あるいはIFRSを導入した各社に最適な方式でのサービスを提供いたします。

IFRS 導入における2 つの方式

会計基準をIFRSに切り替えることに伴う組織・業務等の全社レベルでの改革は、一定期間に同時並行で実現することになるため、IFRS導入までの期間は比較的短期間となる反面、複雑になると考えられます(全社改革方式)。
他方、導入に踏み切れない企業においても、同業他社のIFRS 導入決定や日本基準のIFRSへのコンバージェンスを踏まえると、少なからず影響を受ける状況にあります。この場合、IFRS 導入を副次的な目的として個別の改革を漸次実施し、企業の状況を踏まえた改革を実施していくことで、IFRS 導入を中長期的な期間にわたり検討することが可能となります(個別改革方式)。

成功のポイント

全社改革方式・個別改革方式のいずれを採用した場合においても、成功のポイントは、決算期統一・勘定科目統一・業務効率化等の個別の改革について、監査法人・グループ会社・関連部署等、関係者と綿密な連携のうえ、組織・人、業務・システム等の改革方針を策定することにあります。

サービスの特徴

IFRS 導入では、プロジェクトアプローチの明確化およびプロジェクト推進力を具備した業務遂行が必要です。
アビームコンサルティングでは、プロジェクトの成功に必要となる個々の対応方針を考慮したグループ方針の策定と、IFRS 導入による影響範囲を踏まえた前広な各関係者との調整を実施します。

アビームコンサルティングのサービス領域

アビームコンサルティングは、プロジェクトマネジメント、システム導入プロジェクトの豊富な実績と蓄積された知見を持っており、IFRSプロジェクトの上流から下流までの全ての領域において支援します。
各サービスは、IFRSサービスの一部としてだけではなく、個別のサービスとして提供可能です。

PDFダウンロード

関連サービスリーフレット

関連ページ

専門コンサルタント

page top