沖縄科学技術大学院大学(OIST)

沖縄科学技術大学院大学(OIST)

Customer Profile

会社名
沖縄科学技術大学院大学(OIST)
所在地
沖縄県国頭郡恩納村字谷茶1919-1
事業内容
5年一貫制の博士課程を置く大学院大学。教員と学生の半数以上を外国人とし、教育と研究は全て英語で行う。 59の研究ユニット(2017年8月現在)。

※会社名、肩書き、役職等は取材時のものです。

世界の科学技術の発展と沖縄の自立的発展への寄与を目指す大学院大学の経営基盤を構築。
財務会計と人事管理におけるビジネスプロセスの改革により、効率化とガバナンス強化を実現

様々なバックグラウンドを持つ多様な人材により世界最高水準の教育と研究を行う沖縄科学技術大学院大学(OIST)。大学のさらなる発展・グローバル化を目指し、より透明性が高く・効率的な業務の遂行を可能にするためアビームコンサルティングの支援のもと、財務会計と人事領域にSAP ERPを導入した。
導入プロジェクトには、グローバル標準の大学組織とOIST固有事情による様々なチャレンジがあったが、アビームは国内外のプロジェクト経験を活かし、計画通り完了させた。2つのシステムは順調に稼動しており、その成果の上にOISTではさらなる発展を推し進める構えだ。

プロジェクト概要

課題

  • 大学に求められる予算執行基準に則った財務会計プロセスと効率的な業務運用の両立
  • 煩雑な承認プロセスや、複数システムにまたがる非効率な仕組み
  • 日本発のグローバル標準の大学組織という特別な環境への対応

ソリューション

  • SAP ERPの導入・実装ノウハウ
  • 公共分野における業務プロセス・システム構築に関する知見と変革実現力
  • 多様な人材を巻き込むプロジェクトマネジメント力

成功のポイント

  • 財務会計・人事業務の見直しとシステム統合によりガバナンスの向上と透明性の高い業務プロセスを確立
  • SAP Fioriを活用し、ユーザーが利用しやすいシンプルなユーザーエクスペリエンスを実現
  • 拡張性を備えた多言語対応のERP基盤を構築

Story

ティム・ダイス 氏

チャレンジの多いプロジェクトでしたが、アビームコンサルティングが課題や認識の違いを正面から受け止め、食らいつくように積極的に取り組んだことがよい結果を生んだと思います

沖縄科学技術大学院大学
最高情報責任者
ティム・ダイス 氏

Story

プロジェクトの背景

Story

アビームの選定理由

Story

プロジェクトを推進する上での課題

Story

導入効果と今後の展望

専門コンサルタント

専門分野

・公的組織の業務・システム最適化支援
・システム監査・情報セキュリティ監査
・社会インフラ分野の維持管理手法の最適化支援

実施プロジェクト

・公的組織の民営化、独立行政法人化の支援プロジェ
 クト
・中央省庁・地方自治体等の業務・システム最適化
 支援プロジェクト
・中央省庁・国立大学法人等の業務改善・経営
 改善プロジェクト

> コンサルタント詳細

CLOSE

佐久間 隆介

専門分野

・グループ経営管理
 (財務会計・業績評価・人事制度改革)
・グローバルプロジェクトマネジメント
・新規事業開発(CSR/CSV経営含む)

実施プロジェクト

・グループ経営管理高度化
 (大手精密機械製造業、大手電力業等)
・全社組織/プロセス改革
 (大手総合商社、海外電力業、大学等)
・その他、海外市場調査・新規事業開発関連
 プロジェクト多数

> コンサルタント詳細

CLOSE

専門分野

人事・人材管理全般
人事給与業務効率化
ITプロジェクトマネジメント

実施プロジェクト

大手住宅メーカーの人事シェアードサービス導入
大手ゴム製品メーカーの人事経営基盤システム刷新
自動車部品メーカーのグループ人事基盤統合

> コンサルタント詳細

CLOSE

PDFダウンロード

お客様事例一覧へ

page top