早稲田大学客員教授 柳良平氏が、
アビームコンサルティング
エグゼクティブアドバイザーに就任

~サステナビリティ経営の推進により持続可能な社会の実現へ~

アビームコンサルティング株式会社

アビームコンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鴨居 達哉、以下 アビームコンサルティング)は、企業のESG経営の高度化をはじめとしたサステナビリティ経営の推進による持続可能な社会の実現に向けて、早稲田大学客員教授である柳良平氏が、エグゼクティブアドバイザーに就任したことをお知らせいたします。

アビームコンサルティングは、社会課題解決に向けた取り組みを推進する「サステナビリティユニット」を新設し、当社自身が持続可能な社会づくりを目指したサステナビリティ経営を推進しています。加えて、コンサルティングプロジェクトを通じてお客様のサステナビリティ活動の発展を支援することで、持続可能な社会の実現に取り組んでいます。
具体的には、非財務資本に着目し、企業価値向上との相関関係をアナリティクスによって明らかにする「Digital ESGサービス」を2019年から展開し、データドリブン経営による企業価値向上への取り組みを支援してきました。

エグゼクティブアドバイザーとして迎える柳氏は、財務会計分野の有識者としてESGと企業価値の関連を示す計算式「柳モデル」を提唱するなど、非財務価値の顕在化の領域における第一人者です。
アビームコンサルティングは、「Digital ESGサービス」の開発にあたり、柳モデルを活用した新たな分析手法の発案や、企業内に存在する非財務データと財務データの相関性を分析する概念実証を柳氏と共同で実施するなど、企業の非財務活動をデータで可視化することで、企業価値向上に貢献していることを定量的に明らかにしてきました。

この度の就任により、非財務情報を含む企業の経営管理の在り方を提言し、非財務情報の顕在化を通じた企業価値向上の実現に向けたサービス拡大、並びにサステナビリティ経営の更なる推進を図っていきます。また、ESG会計などの非財務情報の新たな定量化手法を構築し、人の意思決定の在り方も含めたデータドリブン企業変革を提唱していくことで、社会の大きな変革を加速させる“社会変革アクセラレーター”として、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

■柳良平氏プロフィール
博士(経済学)京都大学。早稲田大学大学院会計研究科客員教授。公職として東京証券取引所上場制度整備懇談会委員、米国管理会計士協会常任理事、日本生産性本部経営アカデミー「経営財務コース」委員長等を務める。職歴としては、銀行支店長、メーカーIR・財務部長、UBS証券エグゼクティブディレクター、エーザイ株式会社専務執行役CFO(最高財務責任者)等を経て現職。Institutional Investor誌の2016、2017、2019年、2020年、2022年の世界の機関投資家投票でヘルスケアセクターのCFO第1位The Best CFOに選出される。米国公認管理会計士(USCMA)。米国公認財務管理士(USCFM)。

柳良平氏

■当社の取り組みの詳細につきましては、以下を参照ください。

アビームコンサルティング株式会社について

アビームコンサルティングは、アジアを中心とした海外ネットワークを通じ、それぞれの国や地域に即したグローバル・サービスを提供している総合マネジメントコンサルティングファームです。戦略、BPR、IT、組織・人事、アウトソーシングなどの専門知識と、豊富な経験を持つ約 6,900 名のプロフェッショナルを有し、金融、製造、流通、エネルギー、情報通信、パブリックなどの分野を担う企業、組織に対し幅広いコンサルティングサービスを提供しています。アビームコンサルティングは、企業や組織とともに新たな未来を共創し、確かな変革に導く創造的パートナーとして、企業や社会の変革に貢献します。
ホームページ:https://www.abeam.com/jp/

本件に関するお問い合わせ

アビームコンサルティング株式会社
コーポレート・コミュニケーションユニット
上原大和
TEL:080-9207-4247
FAX:03-6700-8145
E-mail:yauehara@abeam.com, JPABPRTeamDL@abeam.com

page top