帝人株式会社

帝人株式会社

Customer Profile

会社名
帝人株式会社
所在地
本社:東京都千代田区霞が関3-2-1(霞が関コモンゲート西館)
創業
1918年6月
資本金
708億1600万円
事業内容
高機能繊維・複合材料、電子材料・化成品、ヘルスケア、繊維製品・流通、IT、その他
連結売上高
7457億円(2013年3月期:連結)

※会社名、肩書き、役職等は取材時のものです。

帝人グループ34社の新計数システムを再構築。
多岐にわたるプロジェクトチーム編成のもと、大規模プロジェクトをわずか15カ月で本格稼動。

帝人グループは、合成繊維・化成品・医薬医療・流通/ ITなど多岐にわたる事業を展開する、日本を代表するグローバル企業だ。会計システムとしては1999年、グループ標準業務プロセスの適用等、時代を先取りする形でERPシステムを導入している。
しかし10年が経過し、経営環境も激変した。帝人グループはさらに10年先を見据えた
「グローバルエクセレンス」の獲得に向け、新たなIT基盤の構築を目指す。
“G-ONE”と名づけられたプロジェクトは、グループ34社にSAP® ERPによる新計数システムを構築する大規模なプロジェクトであった。

プロジェクト概要

課題

  • グローバル市場での優位性の確立・維持を実現するグローバルグループ基盤システムの構築
  • 業種・規模の異なるグループ34社に対するシステム同時導入
  • 決算期に合わせた短期間でのシステム開発・導入
  • コンプライアンスや内部統制強化、将来のIFRS対応
  • 多くの導入パートナーとの協業 、同時に進行する他のSAPプロジェクトとの連携

ソリューション

  • 各社業務の標準化を推進し、SAPの標準機能を最大限活用 異なる事業の予算編成、原価計算を単一システムで実現
  • 厳格なアドオン開発是非判定による開発期間・コストの圧縮
  • 先端ソリューションの活用によるシステム機能の強化
  • SAP® BOPCを活用し、予算編成業務の効率化を実現
  • SAP® GRCソリューション(*2)を活用し、内部統制を強化
  • SAP® NetWeaver MDMを活用し、グローバル・マスターデータの統合管理を実現
  • SAP® BOとSAP® NetWeaverBWを活用し、DWH機能の拡充とコンテンツ提供のスピードアップの実現

成功のポイント

  • 帝人・インフォコム・NEC-ABeam三位一体の体制により円滑なプロジェクトを遂行
  • ABeam Methodを活用し、効率的なプロジェクト運営とタスク管理を実現
  • 核となるグループ会社にピンポイントで啓蒙アプローチ、稼動後の混乱を極小化

Story

プロジェクト対象の広さや途中大きな組織変更など、越えなければならないハードルはいくつかありました。
その都度ABeamは臨機応変に迅速に対応してくれました。とてもスピード感があって安心できましたね。

帝人クリエイティブ スタッフ株式会社 新計数システム開発班長 プロジェクトマネージャー
池田 一志氏

専門コンサルタント

金村 浩海

専門分野

・会計、財務、経営管理
・プロジェクトマネージメント
・ERP導入・活用、グローバルロールアウト

実施プロジェクト

・会計業務標準化/大規模ERPグローバルロール
 アウト(製造業)
・持株会社化対応、合併対応、株式会社化対応
 (製造業/証券業/公共事業)
・ERP導入、中規模向けパッケージ導入
 (製造業/サービス業)

> コンサルタント詳細

CLOSE

矢野 智一

専門分野

・会計業務
・経営情報
・ERP活用

実施プロジェクト

・ERP活用によるグループ業務/システム標準化
 (化学品メーカー)
・会計システム活用促進/合併によるシステム統合
 支援(金融会社)
・経理業務標準化 構想策定(電気通信業)

> コンサルタント詳細

CLOSE

PDFダウンロード

お客様事例一覧へ

page top