データドリブンWell-Being経営による、持続的な企業価値向上を支援
~保健同人社とアビームコンサルティングが協業を開始~

株式会社保健同人社
アビームコンサルティング株式会社

 株式会社保健同人社(本社:東京都港区、代表取締役社長:段塚忠宏、以下 保健同人社)とアビームコンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鴨居 達哉、以下 アビームコンサルティング)は、企業のWell-Being経営の推進支援において、協業を開始しました。

本協業において、保健同人社の科学に基づいたWell-Beingサービスと、アビームコンサルティングのデータ活用・アナリティクスや企業変革のノウハウを組み合わせることにより、従業員のコンディションデータに着目したサービスやソリューションを企業の経営課題・推進状況に応じて提供し、Well-Being経営の推進を通じた企業変革をトータルで支援していきます。

昨今、新型コロナウイルスによる働き方の変化や個人の価値観の変化、さらには、ESG経営の推進による企業の人的資本への取り組みの開示の流れが高まっている背景から、従業員エンゲージメントや幸福度を高める経営手法の一つとしてWell-Being経営が注目されています。
働き方改革や健康経営のさらに先を目指す概念であるWell-Being経営は、従業員を含め企業を取り巻くすべてのステークホルダーがWell-Beingな状態を作ることで、生産性や業績向上を実現していく、サステナブルな企業活動です。

保健同人社は、三井物産株式会社の国内ウェルネス事業中核会社であるMBK Wellness Holdings株式会社のグループ会社で、企業の健康経営の推進を支援しています。企業の課題に基づくアクションプランの作成と施策実行の支援に加えて、Well-Beingスコアが測定可能なストレスチェックツール「HoPEサーベイ」や、みんなの家庭の医学(Web/アプリ版)など先進的なソリューションを提供しています。さらに今後、複合的なWell-Beingサービスをワンストップで提供する新デジタルプラットフォームを構想しています。

アビームコンサルティングは、データ分析・活用による企業変革を実現してきた中で培った豊富な知見を基に、従業員のコンディションデータ等から企業の生産性向上に向けた課題や施策を明らかにする、「Digital Well-Being※1ソリューション」を開発・提供しています。

現在、経営課題やWell-Being経営でめざす姿、取り組み状況は企業によって大きく異なります。従業員のコンディションデータを体系的に取得できていない企業、またそこから一歩進み健康経営として従業員向けの施策やエンゲージメントデータの取得に取り組まれている企業でも、それぞれのデータの関連性が見えず、施策の効果測定や、経営課題の解決に向けた活用が出来ていない、という課題が多いのが実態です。

保健同人社のWell-Beingソリューションで従業員の健康データを取得・可視化し、アビームコンサルティングが、さらに企業内に散在している従業員コンディションデータや人事・業務データと統合、企業の各種KPIとの相関関係を明らかにした上でKPI改善に向けた効果的な施策をご提案します。施策の実施により蓄積されたデータをさらに分析し、改善につなげることでPDCAサイクルが実現されます。

Well-Being経営推進を目的とした構想策定から施策の実施、実施後の効果測定までを一気通貫で支援し、人材定着や業績向上など、企業の経営課題の解決へつなげ、Well-Being経営推進を通じた持続的な企業価値向上を支援します。

■エンドースメント
株式会社保健同人社 代表取締役社長 段塚忠宏よりコメント

保健同人社は創業以来75年以上にわたり、企業や健康保険組合の皆様にエビデンスに基づく健康情報の提供や健康施策のご提供を行ってまいりました。特に健康経営が注目され始めた近年は、健康経営優良法人(ホワイト500)の認証取得のご支援からより本質的な従業員の健康増進のご支援まで、多くのお客様に寄り添い、改善のサポートをしてきました。次なるステップとして人的資本への関心が高まっている中、当社とアビームコンサルティングとの連携により、さらに多くの企業様のWell-being実現に寄与できると考えています。

アビームコンサルティング株式会社 執行役員 商社ビジネスユニット長 宇津木斉史よりコメント
アビームコンサルティングは、多様な業種・業界のお客様に対しコンサルティングサービスを提供してきた実績と、データ分析・活用において培った深い知見を通じ、企業の変革を支援してきました。また自社で実践するWell-Being経営でもデータを活用しエンゲージメント向上を推進しています。その実績とケイパビリティに、三井物産のウェルネス事業を担うグループ会社である保健同人社との共創により、業種・業界を問わず、人的資本の経営課題を持つ企業の変革に貢献していきます。


■両社合同セミナーの詳細につきましては、以下を参照ください。
https://service.hope-survey.jp/20220823

※1 Digital Well-Being
https://www.abeam.com/jp/ja/expertise/SL328

株式会社保健同人社について

1946年、結核療養のための啓発雑誌『保健同人』の発刊を目的に創業。その後、日本初となる「人間ドック」の創案や、一般家庭向け医学書『家庭の医学』発刊など、人々のWell-being(ウェルビーイング)の実現に向けた事業を展開しています。
健康保険組合や企業人事、事業法人など主要なお客様を対象に健康相談サービスや特定保健指導、EAPサービス、健康経営支援サービスなどを長年に亘り展開。
2021年6月には、自社開発のストレスチェックツール「HoPEサーベイ」、2022年4月には、ヘルスケアアプリ「みんなの家庭の医学」等DXを駆使した新サービスをリリース。複合的にヘルスケアサービスを提供する「新デジタルプラットフォーム」を構築し、信頼に足る医療情報を提供すると共に、様々な健康データに基づく人々のWell-being(ウェルビーイング)の実現を支援して参ります。
ホームページ:https://www.hokendohjin.co.jp/ja/index.html

アビームコンサルティング株式会社について

アビームコンサルティングは、アジアを中心とした海外ネットワークを通じ、それぞれの国や地域に即したグローバル・サービスを提供している総合マネジメントコンサルティングファームです。戦略、BPR、IT、組織・人事、アウトソーシングなどの専門知識と、豊富な経験を持つ約 6,900 名のプロフェッショナルを有し、金融、製造、流通、エネルギー、情報通信、パブリックなどの分野を担う企業、組織に対し幅広いコンサルティングサービスを提供しています。アビームコンサルティングは、企業や組織とともに新たな未来を共創し、確かな変革に導く創造的パートナーとして、企業や社会の変革に貢献します。
ホームページ:https://www.abeam.com/jp/

本件に関するお問い合わせ

株式会社保健同人社
経営企画部 ブランディング・広報室
E-mail:kouhou@hokendohjin.co.jp
 

アビームコンサルティング株式会社
コーポレート・コミュニケーションユニット
上原大和
TEL:080-9207-4247
FAX:03-6700-8145
E-mail:yauehara@abeam.com, JPABPRTeamDL@abeam.com

page top