JX石油開発のDX推進施策の一環として、
プロジェクト管理領域の業務改革を開始

アビームコンサルティング株式会社

 アビームコンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鴨居 達哉、以下、アビームコンサルティング)は、2022年4月より、JX石油開発株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中原 俊也、以下 JX石油開発)のDX推進施策の一環として、プロジェクト管理業務の高度化の支援を開始します。
 

■プロジェクトの背景
脱炭素社会の実現が社会ならびに企業の重要な課題となり、エネルギー産業である石油業界においては、その環境変化に迅速に呼応するための抜本的な事業構造の変革や新たな価値創出が求められています。
JX石油開発においても、石油上流事業と環境対応事業の「二軸経営」戦略の下、デジタルテクノロジーの活用による業務の省力化・効率化を通じ、社内の多種多様な「プロ人材」を環境対応型の新たな成長事業領域で活用することを促す仕組みづくりが求められていました。
加えて、基盤事業である石油上流事業領域においても、事業価値最大化を目指していく上で、世界中で展開されている数々のプロジェクトを一元管理し、データの効果的な活用による新たな付加価値創出に向けた抜本的な業務改革が最優先課題として掲げられていました。

■プロジェクトの概要
アビームコンサルティングは、まず初めにJX石油開発の業務分析を行い、DXを推進するために取り組むべきテーマや対象領域を特定しました。そして、その中でも、特に業務効率化が実現可能なプロジェクト管理領域における計画策定業務を対象としました。
その上で、情報の一元管理によるアクセス性向上やセキュリティ向上などを実現するため、予算管理実務への適合性、操作性、拡張性を実現するソリューションとして実績のあるAnaplan Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、社長執行役員:中田 淳)が提供する予算管理ソリューションAnaplan導入を検討しました。その結果、プロジェクト管理業務の効率化、情報へのアクセス性向上による経営判断の迅速化、一層のセキュリティ向上が実現でき、「二軸経営」の下でJX石油開発が推し進める環境対応事業へのシフト等の「変革」への貢献も見込まれることから、2022年12月の本格稼働に向け、プロジェクトを推進することになりました。

■アビームコンサルティングの役割
アビームコンサルティングは、デジタルテクノロジーの活用および管理部門業務改善における豊富な知見、石油業界を含む豊富なプロジェクト支援実績から培ったノウハウを活用し、JX石油開発のプロジェクト管理領域における業務高度化の実現に向け、Anaplan導入にあたっての要件定義、システム開発・実装、稼働サポートを全面的に支援すると共に、導入対象業務領域の更なる拡大を通じ、JX石油開発のDX推進に貢献していきます。

アビームコンサルティング株式会社について

アビームコンサルティングは、アジアを中心とした海外ネットワークを通じ、それぞれの国や地域に即したグローバル・サービスを提供している総合マネジメントコンサルティングファームです。戦略、BPR、IT、組織・人事、アウトソーシングなどの専門知識と、豊富な経験を持つ約 6,900 名のプロフェッショナルを有し、金融、製造、流通、エネルギー、情報通信、パブリックなどの分野を担う企業、組織に対し幅広いコンサルティングサービスを提供しています。アビームコンサルティングは、企業や組織とともに新たな未来を共創し、確かな変革に導く創造的パートナーとして、企業や社会の変革に貢献します。
ホームページ:https://www.abeam.com/jp/

本件に関するお問い合わせ

アビームコンサルティング株式会社
コーポレート・コミュニケーションユニット
上原大和
TEL:080-9207-4247
FAX:03-6700-8145
E-mail:yauehara@abeam.com, JPABPRTeamDL@abeam.com

page top