Enterprise Agile業務推進力を強化する実践型トレーニング

Agile人材育成を強力に支援し、ビジネスとITの変革を加速

Agile人材育成が喫緊の課題

第4次産業革命・デジタルトランスフォーメーションが本格化する中、ビジネス環境の急速な変化に呼応するためAgileを実践し、すばやくビジネスとITを変革していくことがスタンダードになりつつあります。 しかしながら多くの企業においてAgileを推進できる人材が不足しており、人材育成が喫緊の課題となっています。

アビームコンサルティングでは、プロジェクトを成功させるアプローチとして国内外を含むプロジェクトの特性、組織、文化、ステークホルダーの成熟度に応じて、様々な形でAgileを実践してきました。

多数の実績から得られた知見・ノウハウをベースに、Agile人材育成を目的にした“より実践的な”トレーニングを開発しました。従来のトレーニングでは実践方法が見出せなかった方にお奨めのトレーニングです。また、初めてAgileに取り組まれる方にも必要に応じてカスタマイズ可能です。

アビームコンサルティングは、貴社現場でAgileを推進・実践できるAgile人材の育成を強力に支援し、ビジネスとITの変革を加速します。

ビジネスとITの変革に必須の資産

一筋縄ではいかないAgile人材育成

経済産業省が発表した「DXレポート~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~」にも、Agileの実践を通じてAgile人材を育成していくことが重要であると述べられており、多くの企業で育成への取り組みが加速しました。

しかしながら、これまで築き上げてきた「方法論」や「手法」が定着している組織・文化が障壁となるケースが多く、Agile人材の育成が成果として表れていないのが現状です。

Agileを実践していくためには、従来のやり方、教科書的なAgileに固執せず、全ての活動において「なぜ」そのやり方をこのタイミングで適用すべきかを判断できることが、極めて重要な要素となります。

そのためには、Agile原理原則の根底にあるピープルウェア、ソフトウェア工学、リーダーシップなどの理論を正しく理解し、自分たちが「なぜ」うまくいかないのか、「なぜ」うまくいったのかを考え、よりよい考え方やアプローチをユーザーとITの双方に対して有識知化していくことがAgile人材に求められます。

Agileの推進・実践が可能

アビームコンサルティングが提供するトレーニングの特徴

3つの特徴 | 選ばれる理由

アビームコンサルティングが提供する実践型トレーニングは、ビジネスとITの変革にAgileを活用することで得られたノウハウをベースに開発しました。「知っているではなく、実践できる」をキーワードに3つの特徴があります。
この3つの特徴により、Agileの原理原則を正しく理解し、プロジェクト特性や状況に応じた適切なアプローチを設計できるようになり、具体的な実践方法が受講者自ら描けるようになります。

選ばれる理由

トレーニングコンテンツ

目的・受講者に応じてカスタマイズが可能

アビームコンサルティングが提供する実践型トレーニングは、基礎から実践的な内容まですべてをカバーしています。
ユーザー部門からIT部門、経営層から現場担当者まで、受講者特性やゴールに応じてカスタマイズが可能です。

トレーニングコンテンツ

トレーニング受講後の支援サービスも充実しています。

トレーニング受講後の立ち上げ支援、現場サポートも含めて各種サービスをご用意しております。

トレーニング受講後の支援サービス

PDFダウンロード

専門コンサルタント

「ITストラテジー/プランニング」 関連のお客様事例

大鵬薬品工業株式会社

大鵬薬品工業株式会社
基幹システムを短期間でAWSへ移行
PMOとして各ベンダーを調整し、プロジェクトを計画通り完遂

オリンパス株式会社

オリンパス株式会社
6ヶ月間でIT投資評価基準をグローバルで統一し、全社のIT投資を俯瞰して、ガバナンス強化と戦略的なIT投資に踏み出す

株式会社タムロン

株式会社タムロン
オンプレミス稼働の基幹システムSAP ERPをクラウドに移行。
ソフトウェアもマイグレーションし、5年間でTCOを23%削減

「ITストラテジー/プランニング」関連のサービス

page top