グローバル製造業向け「経営管理モデル」

グループ連結経営からグローバルオペレーションまでを垂直統合する経営管理モデル

今日、連結ベースでの経営管理の重要性はこれまで以上に高まっています。制度会計においては、連結財務諸表を基本とした有価証券報告書の早期作成や、連結財務諸表での四半期報告書の早期作成が求められています。一方、連結ベースで月次や四半期単位での海外子会社を含めた管理会計は多くの企業で行なわれていないのが現状です。
企業のグローバル化が進展した今日、国際会計基準におけるマネジメントアプローチに対応し、財務情報のみならず物流情報などの事業管理情報も対象とした連結経営管理を強化することは、迅速な経営判断を必要とする企業における必須課題となっています。
アビームコンサルティングは連結経営管理強化に関する各種サービスを総合的に提供いたします。

事業管理情報と連結会計情報の連携

グループ経営管理情報の高度化を実施するにあたっては、通常の管理で必要となる会計財務情報のみならず、会計財務情報と連動している事業管理情報についても収集を行い、連携をさせることが重要となります。

「グローバル製造業向け経営管理モデル」概要

1. グローバル連結対応重視モデル
複数会計基準の制度連結と管理連結を一致、または融合する仕組みをつくり、マネージメントアプローチへの対応、セグメント(事業、拠点、製品、顧客など)管理および分析を可能にします。
2. 事業計画拡張モデル
全社的な戦略立案から、事業および個社の予算策定、予実対比の業務プロセスと仕組みの標準化・統合により、効率的かつ精度の
高い経営管理を実現します。
3. グローバル生販在統合モデル
販売計画、生産計画、在庫計画の生販在情報と、予算を連動して月次で策定することにより、生販在情報の変動をきめ細かく予算に反映することが可能となり、財務情報と連動した経営シミュレーションが可能となります。

アビームコンサルティングでは、EPM(企業経営管理:Enterprise Performance Management)の製品群としてグローバルで豊富な導入実績を持つ「Oracle Hyperion Financial Management」を軸としたオラクルのパフォーマンス管理アプリケーションを高く評価し、経営管理モデルに合致するソフトウェア製品を利用してシステム構築をしていきます。同ソフトウェアは、オラクルの製品だけでなく他社のアプリケーション製品との連携に優れており、企業の財務、非財務などあらゆる経営情報を統合管理することが可能です。また、柔軟性の高いレポートやシミュレーション機能を活用することで、適確な経営判断を支援します。
各製造業の戦略に合致した、業績評価指標、業務プロセスとルールの整備、それらを支える IT システムの構築を行い、経営管理の高度化を実現し、グローバルにビジネスを拡大する企業を支援します。

*1) 「Oracle Hyperion Financial Management」: グループ経営管理に有効な財務報告書の収集や連結処理、分析を可能にするアプリケーション製品
*2) 「Oracle Hyperion Planning」:事業予算策定とシミュレーションによる影響分析、モニタリングを可能にするアプリケーション製品
*3) 「Oracle Advanced Planning Command Center」:グローバル SCM の全体を可視化して、収益・コスト・リスク・パフォーマンス等の視点で分析・シミュレーションするビジネス・インテリジェンス製品
*4) 「Oracle Demantra」:需要予測に基づく販売計画の作成、利益を最大化する販促計画の作成、またコラボレーションによる需給調整を実現するアプリケーション製品

* Oracle , Oracle Hyperion Financial Management, Oracle Hyperion Planning, Oracle Demantra, Oracle Advanced Planning Command Center は、Oracle Corporation およびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名などは各社の商標または登録商標である場合があります。

PDFダウンロード

専門コンサルタント

「ライフサイエンス(製薬)」 関連のお客様事例

鳥居薬品株式会社

鳥居薬品株式会社
5~10年先を見据え、人事業務プロセスの標準化・簡素化を実現するとともに、補完する人事情報システムをSAP HCMの新機能を最大限に活用し構築。
経営・事業部門・従業員から「より信頼される人事部」を目指す。

「消費財」 関連のお客様事例

花王株式会社

花王株式会社 2010年度版
SAP® ERP を活用し、ベストプラクティスを追求。
10年の歳月をかけ、世界のグループ企業の基幹システムを統一。

Maruchan, Inc.
システム構築からAMO までトータルに支援
マルチカルチャーなチーム編成と日本的アプローチでUS 特有の商習慣にも対応、海外プロジェクトを成功に導く

花王株式会社

花王株式会社 2005年度版
アジアにおけるグローバル展開強化を目指し業務標準化を行なった「ABSプロジェクト」。アジア22拠点にSAPを導入し業務改善を推進。

花王株式会社

花王株式会社
グローバル事業の強化を目的に、品目マスタ管理システムを統合。
日本、欧米、アジアの共通システム導入で効率的なマスタ管理を狙う。

「会計財務・経営管理」 関連のお客様事例

学校法人早稲田大学

学校法人早稲田大学
「SAP S/4 HANA」を基盤とする研究支援・財務システムを導入。中長期計画「Waseda Vision 150」実現に向けた土台を築く

NEC Corporation of America

NEC Corporation of America (NECAM)
東京発のグローバル標準化―
“One NEC”に向けた経営改革プロジェクトが、米国をはじめ世界各地の拠点で続々と展開中。

タイスタンレー(Thai Stanley Electric Public Co., Ltd.)

タイスタンレー(Thai Stanley Electric Public Co., Ltd.)
グローバル標準化に合わせた海外初のSAP導入を支援。
現地業務プロセスとのバランスを配慮、標準化定着に大きな意義。

マコーミック&カンパニー

マコーミック&カンパニー
拡大する中国ビジネスを支える経営基盤の強化をSAP® ERP によるグローバルなシステム標準化により支援。
「お客様の成功をともに考える」熱意にも高い評価。

花王株式会社

花王株式会社 2010年度版
SAP® ERP を活用し、ベストプラクティスを追求。
10年の歳月をかけ、世界のグループ企業の基幹システムを統一。

株式会社 バンテック

株式会社 バンテック
組織統合に伴う経営基盤の一元化。
SAP® ERPパッケージ導入とATSの活用で、グローバルな経営基盤システムを短期間で構築。

ブラザー工業株式会社

ブラザー工業株式会社
アビームコンサルティングをReal Partner として10年間の取り組みを結実。「グローバルビジョン21」の達成へと邁進。

花王株式会社

花王株式会社 2005年度版
アジアにおけるグローバル展開強化を目指し業務標準化を行なった「ABSプロジェクト」。アジア22拠点にSAPを導入し業務改善を推進。

花王株式会社

花王株式会社
グローバル事業の強化を目的に、品目マスタ管理システムを統合。
日本、欧米、アジアの共通システム導入で効率的なマスタ管理を狙う。

「消費財」関連のサービス

「ライフサイエンス(製薬)」関連のサービス

「会計財務・経営管理」関連のサービス

page top