グローバル・キャッシュ・マネジメント 導入サービス

~機動的なグループ手元資金活用のために~

グローバル・キャッシュ・マネジメントとは、企業グループ全体の資金を一元管理することで、資金をグローバルレベルで効率的に利活用するためのマネジメント手法です。アビームコンサルティングは、導入にあたってボトルネックになりがちな人・組織・業務プロセスの見直しからシステム導入支援まで、包括的なサービスを提供いたします。

グローバル・キャッシュ・マネジメントの重要性

グローバル・キャッシュ・マネジメント導入にあたっては、従来は支払金利の削減や銀行手数料の削減といった定量効果を目的とするケースが多くを占めていました。しかし、企業活動のグローバル化の進展、ならびに昨今の市場からの手元資金有効活用への要求の高まりを受け、ガバナンスの観点から、改めてグローバル・キャッシュ・マネジメントへの取組みを強化する企業が急増しています。

グローバル・キャッシュ・マネジメントへの取組みを強化する日系企業は増えているものの、実際にグローバルレベルで運用できている企業は一部に限られており、キャッシュ・マネジメントは未だ部分最適のまま、というのが多くの企業の現状です。グローバルレベルでの競争を勝ち抜くためにも、日系企業にとってグローバル・キャッシュ・マネジメントの導入は急務と言えます。

グローバル・キャッシュ・マネジメント導入のポイント

グローバル・キャッシュ・マネジメントの実現にあたっては、トレジャリーマネジメントシステム(TMS)をはじめとした、ITソリューションの活用が不可欠です。ただし、導入にあたっては、ITソリューションの検討の前に、「目指すべき姿」をしっかりと描けるかが重要になってきます。また、一度に「目指すべき姿」を実現するのはハードルが高くなるため、まずはスモールスタートを意識して、「目指すべき姿」に至るロードマップを作成することも重要です。その上で、数多くあるITソリューションの中から適切なものを選択・構築することこそ、成功要因といえます。

アビームのグローバル・キャッシュ・マネジメント導入支援

アビームコンサルティングは、コンサルティングファームで唯一キャッシュ・マネジメントシステム(CMS)を保有し、15年以上の間、数多くのお客様にキャッシュ・マネジメントの導入を行ってきた実績があります。グローバル・キャッシュ・マネジメントにおいても、これまでに蓄積した知見を活かし、トレジャリーマネジメントシステム(TMS)の導入だけでなく、ボトルネックになりがちな人・組織・業務プロセスの見直し、さらには導入後の運用改善まで、包括的なサービスで、グローバル・キャッシュ・マネジメントの実現を強力に推進していきます。

※国内向けCMS導入につきましては、アビームCMSクラウドサービスのリーフレットを御覧ください。

PDFダウンロード

「会計財務・経営管理」 関連のお客様事例

NEC Corporation of America

NEC Corporation of America (NECAM)
東京発のグローバル標準化―
“One NEC”に向けた経営改革プロジェクトが、米国をはじめ世界各地の拠点で続々と展開中。

タイスタンレー(Thai Stanley Electric Public Co., Ltd.)

タイスタンレー(Thai Stanley Electric Public Co., Ltd.)
グローバル標準化に合わせた海外初のSAP導入を支援。
現地業務プロセスとのバランスを配慮、標準化定着に大きな意義。

マコーミック&カンパニー

マコーミック&カンパニー
拡大する中国ビジネスを支える経営基盤の強化をSAP® ERP によるグローバルなシステム標準化により支援。
「お客様の成功をともに考える」熱意にも高い評価。

花王株式会社

花王株式会社 2010年度版
SAP® ERP を活用し、ベストプラクティスを追求。
10年の歳月をかけ、世界のグループ企業の基幹システムを統一。

株式会社 バンテック

株式会社 バンテック
組織統合に伴う経営基盤の一元化。
SAP® ERPパッケージ導入とATSの活用で、グローバルな経営基盤システムを短期間で構築。

ブラザー工業株式会社

ブラザー工業株式会社
アビームコンサルティングをReal Partner として10年間の取り組みを結実。「グローバルビジョン21」の達成へと邁進。

花王株式会社

花王株式会社 2005年度版
アジアにおけるグローバル展開強化を目指し業務標準化を行なった「ABSプロジェクト」。アジア22拠点にSAPを導入し業務改善を推進。

「会計財務・経営管理」関連のサービス

page top