国際財務報告基準(IFRS)対応支援サービス

攻めのIFRS適用 ~将来のデファクトスタンダード化を見据えた先取りの改革を支援~

日本では、成長戦略の一環として、IFRS 適用企業拡大促進を掲げており、任意適用ながら既に多くの企業が準備を行っています。 アビームコンサルティングは、 IFRS 対応の方針策定を始め、会計処理・業務プロセス・システム・内部統制・組織にいたる包括的なサービスを提供いたします。

IFRS 導入における2 つの方式

会計基準をIFRSに切り替えることに伴う組織・業務等の全社レベルでの改革は、一定期間に同時並行で実現することになるため、IFRS導入までの期間は比較的短期間となる反面、複雑になると考えられます(全社改革方式)。
他方、導入に踏み切れない企業においても、同業他社のIFRS 導入決定や日本基準のIFRSへのコンバージェンスを踏まえると、少なからず影響を受ける状況にあります。この場合、IFRS 導入を副次的な目的として個別の改革を漸次実施し、企業の状況を踏まえた改革を実施していくことで、IFRS 導入を中長期的な期間にわたり検討することが可能となります(個別改革方式)。

成功のポイント

全社改革方式・個別改革方式のいずれを採用した場合においても、成功のポイントは、決算期統一・勘定科目統一・業務効率化等の個別の改革について、監査法人・グループ会社・関連部署等、関係者と綿密な連携のうえ、組織・人、業務・システム等の改革方針を策定することにあります。

サービスの特徴

IFRS 導入では、プロジェクトアプローチの明確化およびプロジェクト推進力を具備した業務遂行が必要です。
アビームコンサルティングでは、プロジェクトの成功に必要となる個々の対応方針を考慮したグループ方針の策定と、IFRS 導入による影響範囲を踏まえた前広な各関係者との調整を実施します。

アビームコンサルティングのサービス領域

アビームコンサルティングは、プロジェクトマネジメント、システム導入プロジェクトの豊富な実績と蓄積された知見を持っており、IFRSプロジェクトの上流から下流までの全ての領域において支援します。
各サービスは、IFRSサービスの一部としてだけではなく、個別のサービスとして提供可能です。

PDFダウンロード

「会計財務・経営管理」 関連のお客様事例

NEC Corporation of America

NEC Corporation of America (NECAM)
東京発のグローバル標準化―
“One NEC”に向けた経営改革プロジェクトが、米国をはじめ世界各地の拠点で続々と展開中。

タイスタンレー(Thai Stanley Electric Public Co., Ltd.)

タイスタンレー(Thai Stanley Electric Public Co., Ltd.)
グローバル標準化に合わせた海外初のSAP導入を支援。
現地業務プロセスとのバランスを配慮、標準化定着に大きな意義。

マコーミック&カンパニー

マコーミック&カンパニー
拡大する中国ビジネスを支える経営基盤の強化をSAP® ERP によるグローバルなシステム標準化により支援。
「お客様の成功をともに考える」熱意にも高い評価。

花王株式会社

花王株式会社 2010年度版
SAP® ERP を活用し、ベストプラクティスを追求。
10年の歳月をかけ、世界のグループ企業の基幹システムを統一。

株式会社 バンテック

株式会社 バンテック
組織統合に伴う経営基盤の一元化。
SAP® ERPパッケージ導入とATSの活用で、グローバルな経営基盤システムを短期間で構築。

ブラザー工業株式会社

ブラザー工業株式会社
アビームコンサルティングをReal Partner として10年間の取り組みを結実。「グローバルビジョン21」の達成へと邁進。

花王株式会社

花王株式会社 2005年度版
アジアにおけるグローバル展開強化を目指し業務標準化を行なった「ABSプロジェクト」。アジア22拠点にSAPを導入し業務改善を推進。

「会計財務・経営管理」関連のサービス

「国際財務報告基準」関連のサービス

page top