Human Rights Due Diligence 支援サービス

近年、企業の社会的責任に関する関心が高まる中、企業価値は「E(環境)・S(社会)・G(ガバナンス)」の3 つの側面から総合的に評価されています。
とりわけ、国連が「ビジネスと人権に関する指導原則」で企業の人権尊重責任を明示してからは、企業こそが人権課題解決のために責任を持つべきという主張が高まっています。
アビームコンサルティングは企業の事業活動を通じて、引き起こしかねない人権課題の把握から、リスクの高い人権課題に対する防止/ 軽減の仕組み作りに至るまで一貫した企業の人権対応を支援いたします。

人権課題に対する企業の責任

現在に至るまで大きな人権問題が発生していない事を理由に、人権対応を先送りする日本企業は少なくありません。しかし企業がグローバルにバリューチェーンを拡大すればするほど、顕在化しうる人権課題は経営層が把握しきれない想定外の範囲にまで拡大しています。問題が起こる前に対処することが企業の持続的成長における鍵です。企業は潜在的な人権課題を把握し、優先度を設定した上で対応していく必要があります。

企業における人権対応の壁

人権対応に関するガイドラインは国内外に多数存在する中で、企業は自社にとって最適なプロセスを見出し、活動を継続していく必要があります。
既に取り組みを始めている企業は、限られた予算と時間で十分な成果を挙げるべく、様々な壁と向き合いながら対応を進めているのが現状です。

アビームコンサルティングの人権対応アプローチ

グローバルリスクデータ、現地調査、ヒアリング、アンケート調査などを通じて企業の人権課題を調査します。
優先度の高い人権課題から、防止/ 軽減措置の策定と実施、実効性に対する継続的な追跡評価、外部への開示へとその対応を拡充します。
アビームコンサルティングは、グローバルレベルで正当性が担保されている「Human Rights Impact Assessment」(NPO 法人CRT 日本委員会が策定)手法を組み込んだアプローチを実現します。

アビームコンサルティングの人権対応サービスの特徴

アビームコンサルティングは、グローバルリスクデータを用いた人権課題調査により、企業の人権課題を定量的に可視化します。
特に人権課題が大きいとされる国・地域、事業内容に対しては、現地調査やヒアリングによる追加調査を実施し、問題を把握します。
これまでの数々の業務改革事例をもとに、最適な防止/ 軽減措置の策定から実行までを支援します。

PDFダウンロード

「会計財務・経営管理」 関連のお客様事例

NEC Corporation of America

NEC Corporation of America (NECAM)
東京発のグローバル標準化―
“One NEC”に向けた経営改革プロジェクトが、米国をはじめ世界各地の拠点で続々と展開中。

タイスタンレー(Thai Stanley Electric Public Co., Ltd.)

タイスタンレー(Thai Stanley Electric Public Co., Ltd.)
グローバル標準化に合わせた海外初のSAP導入を支援。
現地業務プロセスとのバランスを配慮、標準化定着に大きな意義。

マコーミック&カンパニー

マコーミック&カンパニー
拡大する中国ビジネスを支える経営基盤の強化をSAP® ERP によるグローバルなシステム標準化により支援。
「お客様の成功をともに考える」熱意にも高い評価。

花王株式会社

花王株式会社 2010年度版
SAP® ERP を活用し、ベストプラクティスを追求。
10年の歳月をかけ、世界のグループ企業の基幹システムを統一。

株式会社 バンテック

株式会社 バンテック
組織統合に伴う経営基盤の一元化。
SAP® ERPパッケージ導入とATSの活用で、グローバルな経営基盤システムを短期間で構築。

ブラザー工業株式会社

ブラザー工業株式会社
アビームコンサルティングをReal Partner として10年間の取り組みを結実。「グローバルビジョン21」の達成へと邁進。

花王株式会社

花王株式会社 2005年度版
アジアにおけるグローバル展開強化を目指し業務標準化を行なった「ABSプロジェクト」。アジア22拠点にSAPを導入し業務改善を推進。

「会計財務・経営管理」関連のサービス

page top