共催セミナー「健康経営のこれから~いま考えたい、Well-being経営とデータ活用~」ご案内

従業員に関するデータを収集・分析して組織を可視化し戦略的に業績の向上を図る、いわゆるデータドリブンなWell-being経営が注目されています。現在の健康経営の取り組みからさらに一歩踏み込んで、データの活用や組織の可視化を検討されている企業様も多いのではないでしょうか。
 健康経営度調査票による認定制度が始まり8年余り、「健康経営」や「ホワイト500」といった言葉が少しずつ認知され始め、労働市場でも採用や企業ブランディングにインパクトを与えています。昨今では人的資本投資への関心も高まっており、健康経営が目指す先はもはや従業員の健康増進にとどまらず、企業価値向上の重要な施策として捉えられています。
 そこで今回は、健康経営・Well-being経営に携わる保健同人社とアビームコンサルティングの両社より、健康経営のこれからについてお話しします。
健康経営・Well-Being経営推進に課題がある方、これからの展開にご関心のある方には必見の内容です。
みなさまのご参加をお待ちしています。

■セミナー内容
第 1 部 :「健康経営のこれまでとこれから」
                 株式会社保健同人社 事業開発部 第二室 チームリーダー/CWOオフィス
                 宮尾 亮子 氏 
                 ・健康経営の近年の傾向や今後の展開について、データ調査から見えてきた企業の課題に
                    ついてご紹介
                 ・今年度の健康経営度調査票の対策

第 2 部 :「データドリブンで実現するWell-Being経営」
                 アビームコンサルティング株式会社
                  Sustainability Transformation Initiative / Digital Well-Beingサービスリード
                  シニアマネージャー 北林 愛里
                  ・データを活用したWell-being経営の実際について
                  ・健康経営推進の深化が、企業の経営課題解決・生産性向上にどのように役立つのか?
                     人的資本の開示も踏まえて、実際の企業事例を交えてご紹介

日時:2022年8月23日(火)14:00~15:00(60分)
会場:オンライン(ライブ配信)
共催:株式会社保健同人社、アビームコンサルティング株式会社
対象:企業の経営企画・人事・総務・労務ご担当者、産業保健スタッフの皆様
   健康経営推進担当者、健康保険組合担当者 など
参加費:無料(事前登録制)
定員:200名様(先着順)

詳細・お申込みはこちら>>
https://service.hope-survey.jp/20220823

page top