「Ignite Tokyo 2020 」で装置産業におけるデータ活用をテーマに登壇

人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、ロボティクスなど最新のデジタル技術により、製造業など日本の産業が大きく変わろうとしています。北欧でも石油・ガス産業をデジタル技術で見える化し、データ活用を促すことでビジネスモデルを変革する「Ignite(イグナイト)」と呼ばれる産業革新活動が広がっています。本シンポジウムでは、その火付け役となったノルウェーのソフトウエア会社、Cognite(コグナイト)の創業者兼CEOを招き、日本のモノづくりなど産業界に必要なデジタルトランスフォーメーションについて議論します。

当社講演では、世界中の石油ガス、電力などの重厚長大産業のDXをサポートするグローバルな産業用SaaS企業であるCognite AS製品を用いた事業変革シナリオを具体的な事例を含めてご紹介します。

皆さまのご参加をお待ちしております。


日時:2020年10月22日(木)14:00~18:00
会場:日経ホール
主催:MM総研
定員:会場内の聴講席をご用意する予定です。
   なお会場席の定員は申込締め切り時に決定し、抽選となる場合があります。
参加費:無料(申込締切:2020/10/16(金) 17:00)

【当社登壇】
16:40~17:05「日本の装置産業におけるCognite Data Fusionの可能性と変革シナリオ」
 P&T Digital ビジネスユニット シニアマネージャー 豊嶋 修平

詳細・お申込みはこちら>>
https://events.nikkei.co.jp/30278/

page top