3/27 「RPA/ビジネスAIカンファレンス2019 Spring」でRPAをテーマに登壇

既存のビジネスプロセスの改善を目的に急速に導入が進むRPAは、労働人口の減少や高齢化、働き方改革に対する関心の高まり、業務のコスト削減や均一化などを背景に、2018年も勢いが衰えませんでした。

今後、日本企業では、RPAツールを巧みに使いこなすことはもちろん、ソフトロボやAIといった職場の新しい戦力となるデジタルワークフォースと共存するために、デジタルと人とのリソース配分を計画することも重要になります。さらに、将来のビジネスプロセス全体を俯瞰しつつ、自動化の効果を得られるのか否か、メリットとビジネスケースを判断するマトリクスやKPIを決めることも大事です。ここに、IT企業やコンサルティング会社の解決力と知見が必要とされています。

本カンファレンスでは、RPAの現場活用を進める国内の最新事例を紹介し、IT企業やコンサルティング会社がビジネスへの活用策を提案します。弊社もRPA展開における成功や失敗、そして更なるデジタル改革推進に向けた体制をテーマに登壇します。ぜひ、ご来場ください。

日時:2019年3月27日(水)9:50~18:00(9:20~受付開始)
会場:ウェスティンホテル東京 B2F (東京都目黒区三田 1-4-1)
主催:日経BP総研 イノベーションICTラボ
協賛:アビームコンサルティング株式会社他
対象:企業の経営層、経営企画、営業/マーケティング、人事/総務/経理/財務、設計・製造、情報システム部門の管理職、担当者など
受講料:無料(事前登録制)

【当社登壇】
11:30~12:10「RPA展開における失敗企業と成功企業の違いとは? RPAの先にあるデジタル改革を実現させる推進体制とは?」
戦略ビジネスユニット 執行役員 プリンシパル 安部 慶喜

詳細・お申込みはこちら>>
https://project.nikkeibp.co.jp/event/rpa190327/

page top