金融サービス企業向けビジネスインテリジェンス(BI)

ビジネスインテリジェンス(BI)とは、経営に直結したデータ分析を実現するためのインフラストラクチャとアプリケーションの総称です。BI は定量的な情報ソースにアクセスし、分析および活用することにより、企業戦略に基づいたリソースとプロセスの最適配置を可能にすることを目的としたもので、企業の中長期経営戦略に基づいた経営課題を解決するための改善施策とその目標(KPI:KeyPerformance Indicator)設定作業の実施や、導入後の環境変化に対応するための継続的な運用が重要です。
アビームコンサルティングは BI 導入に関する各種サービスを総合的に提供いたします。

金融サービス企業を取り巻く環境と BI の必要性

金融サービス企業は、各種規制、テクノロジー、グローバライゼーション、新規の競合相手や新しいビジネスモデル、資本市場の圧力、そして絶えず変化する顧客の要求といった複数の観点から問題に対処していく必要があります。
また、これらの要素は不確実性に富んでいます。 厳しい競争環境の中で勝ち残るためには、自社のコア事業を明確に定義するとともに、他社を上回るパフォーマンス実現のために、「継続的な改革」に向けた戦略を展開することが不可欠です。これらを実践している企業の多くは、「業務プロセス」「マネジメント・組織」「IT」「人材・企業風土」などを通し、企業および企業グループ全体で横断的に改革に取り組むことによって、経営ビジョンを現実のものとしています。

■ 収益課題ツリー整理例(総合リース会社)

BI としての経営管理システム

■高度な経営管理
経営管理システムは、単に収益性を計測する指標を設定し、システムで情報を収集するのに留まるものではありません。
経営目標達成を目的とした経営資源配分の意思決定・現状の改善施策の検証に耐えうることが必要となります。
■経営管理システムの構成
経営管理システムは実績管理・将来予測・リスク計量の 3 つのサブシステムから構成されます。それぞれのシステムは相互に連携し、現在から将来までの企業の経営状況を把握できるよう支援します。
■実績管理-リスク計量
現在の時価、現在の含み損益を把握
■将来予測-実績管理
ストックデータの将来展開状況を把握
■将来予測-リスク計量
将来の時価、将来の含み損益を把握

ビジネスインテリジェンスソリューション

アビームコンサルティングは金融サービス企業の事業スタイルや目的に応じたビジネスインテリジェンスソリューションとして、体制構築や方針策定からシステム構築・導入まで幅広いサービスを提供します。

■ アビームコンサルティングのビジネスインテリジェンスソリューション 例

導入のアプローチとポイント

企業が抱える真の課題を深く理解し、目指すべき方向性を定め、それを実際に具現化することがアビームコンサルティングのサービスの特徴です。業務改革の構想策定から新業務プロセスの定義、定着化にむけての意識改革、新システムの実装にいたるまでシームレスな一貫したサービスを提供します。

PDFダウンロード

「リース・クレジット」関連のサービス

page top