限られた時間の中で生産性を高めるためにはどのような工夫が必要なのか。何から始めるのが望ましいのか。こうしたことを社員一人ひとりが自ら考え、働き方を見直す意識を持つことが、変革を起し定着させるためには欠かせません。私たちは日ごろより「より短時間で効率的に働く」意識を醸成するために、1つのYESと2つのNOに取り組んでいます。

page top