鈴鹿サーキットレーシングスクールの
選手育成プロセス改革を支援
~クラウド人財マネジメントシステム
「SAP® SuccessFactors®」を活用した
選手情報の可視化により育成の高度化・効率化に貢献~

アビームコンサルティング株式会社
SAPジャパン株式会社

 アビームコンサルティング株式会社(本社 : 東京都千代田区、代表取締役社長 : 岩澤 俊典、以下 アビームコンサルティング)とSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下 SAPジャパン)は、株式会社モビリティランド(本社 : 三重県鈴鹿市、代表取締役社長 : 田中 薫、以下 モビリティランド)が運営し、元WGPライダーの岡田忠之氏、現インディカードライバー佐藤琢磨氏がPrincipal(プリンシパル)を務める鈴鹿サーキットレーシングスクールに、SAPジャパンのクラウド人財マネジメントシステム「SAP® SuccessFactors®」を導入し、選手育成の高度化および育成業務プロセスの効率化を支援しました。

【プロジェクトの目的】
 鈴鹿サーキットレーシングスクールは、日本を代表するレーシングスクールのひとつです。「時代を先取りし、技術のみならず精神的にも人間的にも世界のトップクラスとして通用するライダー・ドライバーの幼少期からの育成」を目的とし、ライダー・レーシングカートからフォーミュラドライバーまで、幅広いレベル・世代を対象に選手の育成を行っています。今後世界で活躍する選手をより多く輩出するためには、データに基づいたより科学的な評価・育成が求められる一方、選手の情報は紙やデータなど複数の方法で運用・管理され作業が煩雑かつ分析しにくい上、評価や指導内容は経験や勘に基づく属人的な手法となっていました。

【プロジェクトの概要】
・選手情報の一元管理による効率化
 スクール内に紙やエクセルなどで点在していた選手のプロファイル情報を「SAP® SuccessFactors®」上で一元管理することで、コーチが選手情報の確認・管理に要する作業負荷を軽減しました。また、国内外のレース会場などに行くことが多い評価者が、選手の評価に必要な様々な情報をモバイルでいつでもどこでも確認できる仕組みを用意し、利便性の向上と意思決定の迅速化を支援しました。

・データに基づく育成プロセスの高度化
 トップドライバーに求められる資質やスキル、過去のレース成績など15種類の評価項目を設定し、選手のプロファイル情報を体系的に数値化しました。これにより、選手の強みや伸び悩んでいる点、トップレベルの選手と比較し伸ばすべきスキルなどが明らかとなり、コーチに対しより科学的なデータに基づく示唆が提供可能となりました。将来的には、蓄積されたデータに基づく分析によりトップドライバーに共通する要素を導き出すなど、育成に活用できる新たな知見の獲得も期待できます。

 今後は、選手のフィジカルやメンタルなどの資質と、レースにおけるパフォーマンスデータを組み合わせた2軸分析による選手分布図の作成や、スクール内の選手だけでなく、HONDA所属のドライバー/ライダーまで管理対象を拡大することで、より戦略的な人材育成に基づくチーム強化を目指します。

【アビームコンサルティングの役割】
 アビームコンサルティングは、スポーツ分野におけるコーチや選手の人材育成、パフォーマンス向上を目的とした「SAP®SuccessFactors®」の導入・活用支援実績を通じて培った知見を活かし、本プロジェクトの立ち上げから要件定義、システムの導入、導入後の育成プロセスの確立までを一貫して支援しました。また、アビームコンサルティングが独自に開発した「SAP® SuccessFactors®」導入テンプレートを活用することで、3ヵ月での導入を実現しました。
アビームコンサルティングは今後も様々な業界・業種のお客様向けに提供してきたコンサルティングのノウハウを活かし、スポーツ産業の発展に向けて貢献していきます。

【鈴鹿サーキットレーシングスクール Kart・Formula プリンシパル 佐藤琢磨氏のコメント】 
 本プロジェクトは、鈴鹿サーキットレーシングスクールの新たな仕組みづくりの一環です。「SAP® SuccessFactors®」を活用することでより客観的な評価・選抜を行い、世界のトップカテゴリーでも活躍できる選手を育成したいと考えています。アビームコンサルティングにはレースおよびデータ分析の知見やテクノロジーを活かしたサポートを今後も期待しています。

  • ※SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。

  • ※ アビーム、ABeam及びそのロゴは、アビームコンサルティング株式会社の日本その他の国における登録商標です。

  • ※ 本文に記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

アビームコンサルティング株式会社について

アビームコンサルティングは、アジアを中心とした海外ネットワークを通じ、それぞれの国や地域に即したグローバル・サービスを提供している総合マネジメントコンサルティングファームです。戦略、 BPR、IT、組織・人事、アウトソーシングなどの専門知識と、豊富な経験を持つ約 6,100 名のプロフェッショナルを有し、金融、製造、流通、エネルギー、情報通信、パブリックなどの分野を担う企業、組織に対し幅広いコンサルティングサービスを提供しています。
ホームページ:https://www.abeam.com/jp/

SAPジャパンについて

SAPジャパンは、SAP SEの日本法人として1992年に設立されました。SAPはインテリジェントエンタープライズを基盤とするエクスペリエンス企業として、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアの市場をリードし、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。世界中の商取引売上の77%は何らかのSAPシステムを使用しており、SAPのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術は、企業のビジネスを「インテリジェントエンタープライズ」に変革していくことに寄与しています。SAPは、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、44万以上の企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com/japan )Copyright © 2020 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

本件に関するお問い合わせ

報道関係者からの問い合わせ先

アビームコンサルティング株式会社
経営企画グループ コーポレート・コミュニケーションユニット
シニアマネージャー 樺澤わかな
千住英里、宮本深優
TEL:03-6700-8227、080-2003-1833 FAX: 03-6700-8145 
E-mail: wkabasawa@abeam.com
    esenju@abeam.com
            mimiyamoto@abeam.com

SAPジャパン株式会社
広報:鈴木香里
電話: 03-6737-3880(部門代表)、080-1007-5933(直通)
E-mail: kaori.suzuki@sap.com

 

お客様からのお問い合わせ先

アビームコンサルティング株式会社 
電 話:03-6700-8800(代表)

SAPジャパン株式会社
電 話:0120-786-727
http://www.sap.com/japan/contactsap
 

page top