7/23「SAP Ariba Live Tokyo」でESG時代における調達をテーマに講演・出展

SAPジャパンが主催する「SAP Ariba Live Tokyo」が「デジタルのチカラで創造する強靭・協働・共生社会」をテーマに開催されます。
本イベントで当社は講演に登壇し、展示ブースを出展します。
ぜひご来場ください。

日時:2019年7月23日(水) 10:00-19:00
会場:グランドハイアット東京
主催:SAPジャパン株式会社
協賛:アビームコンサルティング株式会社 他
参加費:無料(事前登録制)
対象:経営層、調達・購買部門、経理・財務部門、経営企画部門、IT 部門にて調達・購買のシステム採用および検討に携わる方々

【当社講演】
13:45~14:30「ESG時代におけるデータドリブン型サステナブル調達」
P&T Digital ビジネスユニット SCMセクター ダイレクター 吉田 大介
地球環境のサステナビリティ課題が企業自体の存続に直結する時代になってきた現在、企業は持続可能な社会の実現に向け試行錯誤し取り組みを進めています。一方で、日本企業は欧米の先進企業に比べ、活動の動機、目的が受身になりがちな為、不十分な取り組みとなり、経営層の期待に応えられず成果が見えないまま業務の負荷だけを負うケースが多く見られます。
当セッションでは、サプライチェーン上の本質的なリスクを捉えた上で調達部門が担うべきサプライヤ管理のあり方と、デジタルデータの活用による経営の付加価値拡大の手法について弊社プロジェクト事例をベースに解説します。

詳細・お申し込みはこちら>>
https://events.sap.com/jp/2019-sap-ariba-live-tokyo/ja/home

page top