12/7 「JSUG Conference 2018」にてタレントマネジメントをテーマに講演・出展

2015年にSAP S/4HANA®を発表し、昨年デジタルトランスフォーメーションを実現するためのツールとしてSAP Leonardoを発表したSAPは、今年、さらに進化させたIntelligent Enterpriseを提唱しました。
いっそう厳しさを増すグローバル競争に打ち勝つため、デジタル変革への第一歩を踏みだすのに躊躇している暇はありません。RPA、AI、IoT、ブロックチェーン等デジタル技術は溢れていますが、真のデジタル変革を実現するためには、ビジネスのコアである基幹システムのデジタル化が必須であることは言うまでもありません。今年度22年目を迎えるJSUGでは、「我々はデジタルの渦の真っ只中にいる。イノベーションを起こすのは今!」をテーマに掲げて活動を行っています。その集大成である本イベント「JSUG Conference 2018」では、ニッポンでERPを本来のあるべき姿で導入するにはどうすべきか?を問い直す有識者によるパネルディスカッション、多くのユーザー事例、26のサポーター企業によるさまざまなご提案など、ユーザー会ならではの多彩なプログラムが開催されます。

日時:2018年12月7日(金)10:00~19:30
会場:シェラトン都ホテル東京(東京都港区白金台1-1-50)
主催:ジャパンSAPユーザーグループ
対象:全てのJSUG会員
   JSUGへの加入を検討中の方/SAPの導入を検討中の方JSUG会員でない方でも、
   体験参加していただくことが可能です。
   ただし、主催者で不適切と判断した場合には参加をお断りさせていただく場合がございます。
   ※一部セッションには参加制限がございます。
受講料:事前登録制(無料)

【当社登壇】
14:10~14:55 サポーターセッション
「クラウド最前線! タレントマネジメント × Microsoft Workplace Analytics」

P&T Digitalビジネスユニット HCMセクター ダイレクター 全 大忠
通常の人材情報(社員プロファイル・評価・教育情報)に、マイクロソフトのWorkplace Analytices データを含めたタレントマネジメントを実施し社員の働き方と組織パフォーマンスの改善を事例を含め紹介します。

【当社出展ブース】
「タレントマネジメント×Microsoft Workplace Analytics」
タレントマネジメントと活動データ(Microsoft Workplace Analytics)を利用し社員の働き方と組織パフォーマンスを改善する方法、事例をSAP® SuccessFactors®に設定しご紹介いたします。

詳細・お申込みはこちら>>
http://conference.jsug.org/

page top