8/30 「モビリティビジネスの新たな競争軸 コネクテッドカーとシェアリングサービス2030 ~EV・自動運転の先で勝つ~」にて講演

自動車産業に吹く「100年に一度の変化」は、脅威でなく好機です!
脅威を好機とするためには、情報を正しく理解し、日本の自動車産業の強み・弱みを正確に把握し、欧米中の打ち手を理解し、この大きな変化に適応することが重要です。その結果、日本の自動車産業は新しい発展を遂げることができると確信しています。

本セミナーでは、下記を技術面だけでなく、ビジネス分析を行いながら、「100年に一度の変化」に打ち勝つための2030年の新たな競争軸を浮き彫りにし、日本自動車産業界への提言を行います。

  • 何故、「100年に一度」の変化は起きたのか?
  • 何故、EV拡大が必要なのか?
  • 完全自動運転後の世界は?
  • モビリティシェアリングは4つの変化の要
  • コネクテッドビジネス-無限の可能性

会期:2018年8月30(木) 14時00分~16時00分
会場:紀尾井フォーラム (東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F)
主催:株式会社 新社会システム総合研究所
参加費: 1名につき 32,500円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)

【当社講演】
製造・コンシューマビジネス ビジネスユニット
シニアマネージャー  轟木 光

詳細・お申し込みは >>
http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_18289.html

page top