6/26「デジタル化を通じた物流倉庫のシンプルな運営方法」開催のご案内

倉庫作業員の確保が難しく人件費も上がっている昨今、自動倉庫や移動式棚等のテクノロジーを活用した取り組みが行われていますが、初期投資が掛かることや稼働中の既存倉庫への導入はハードルが高いのが実情です。また、端末の活用による倉庫作業のデジタル化も提案されていますが、現場管理者がデジタル化されたデータをどのように活用すれば納期遵守やコスト削減に繋がるか、十分なノウハウがないまま、効果が不透明なケースも散見されます。
本セミナーでは、物流倉庫業界の抱えている問題点と施策及び、倉庫運営におけるデータを活用したシンプルな運用方法をご紹介します。

日時 :2018年6月26日(火) 16:00 - 17:30
会場 :アビームコンサルティング株式会社 24F セミナールーム
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 丸の内永楽ビルディング
受付: 15:30開始(お名刺を1枚お持ちください)
参加費:無料
定員:20名 ※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。
開催:アビームコンサルティング株式会社
お申込期限:2018年6月25日(月)

【講演 第一部】
タイトル:物流倉庫業務の現状と今後について
内容:物流倉庫運営は管理者・作業員共に不足しており、年々厳しさを増しています。人不足を解決するためのテクノロジー活用は年々進展しているものの、その多くはまだ実用段階に至っていません。これらの現状を踏まえ、今後どのような選択肢を取りうるのかについてご説明します。
講演 :アビームコンサルティング株式会社 シニアマネージャー 寺西 雅尚

【講演 第二部】
タイトル:物流倉庫の生産性/作業者配置のシンプルな運営管理方法について
内容:属人的な物流倉庫の運営は、作業配置の適正化が困難であるため過剰過少配置を引き起こし、無駄なコストが発生する原因になります。デジタル化を進めることにより、管理者の知識や経験に頼った属人的な運営からの脱却が可能です。講師のEC運営倉庫の経験から、デジタル化に必要なポイントとそれらの情報を使ったシンプルな運営管理について、弊社独自の倉庫管理者支援ツール「ワークフォース・マネジメント(Workforce Management)」のご紹介を交えて講演を行います。
講演:アビームコンサルティング株式会社 シニアコンサルタント 梅野 快世 

「ワークフォース・マネジメント(Workforce Management)」
・紹介ページ https://www.abeam.com/jp/ja/expertise/wfm
・動画ページ https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=NzHcwWo7S28?rel=0

お申し込み方法
下記の情報をご記載の上、「JPABA-logi@abeam.com」までご送信ください。
件名に「物流倉庫運営管理セミナー申し込み」と記載ください。本文に以下の記入をお願い致します。
(1)貴社名 (2)部署・役職 (3)お名前(ふりがな) (4)お電話番号 (5)セミナーに関するご要望(任意)

※ご提供いただいたご本人様の個人情報(以下「個人情報」といいます)は、今後のイベント、セミナー又はコンサルティング・サービスに関するご案内を行うために利用させていただきます。
※弊社個人情報の取り扱いについては、下記のページをご参照ください。

プライバシー・ポリシー

「個人情報の保護に関する法律」に基づく公表事項

page top