ルーム・トゥ・リード 低所得国への教育支援

アジア・アフリカの子供たちの教育環境づくりを支援

CSRRTRロゴ低所得国の子供たちに教育の機会を提供するNGO団体「ルーム・トゥ・リード(以下、RTR)」。

支援地域のニーズを熟知した現地スタッフが活動を行っている点や、活動実績や成果を明確化して組織を運営する姿勢に共感し、当社は日本初のスポンサー企業として、2008年より継続的な活動支援を行っています。

支援内容は、資金面でのサポートにとどまらず、当社オフィスの会議スペースの提供や資金調達、啓発活動を支えるプロボノ活動※など多岐にわたり、当社の取り組みの成果を確認するための支援先の現地視察も実施してきました。
今後も当社のコンサルティングスキルを活用し、継続的にRTRの活動をサポートしていきます。

※プロボノ活動:自らのスキルや専門的知識を活かした社会貢献活動

 

RTR

 

ルーム・トゥ・リードについて

「RTR」は、低所得国の何百万という子供の人生を、読み書きの習得と男女平等の教育機会から変えようとしている世界的なNGO団体です。
全ての子供が初等教育の間に読み書きと読書習慣を身につけること、女子学生が中等教育を修了することを、現地コミュニティ、パートナー組織、政府機関と協働でサポートしています。
 

届ける


図書館建設、教育プログラムなどをサポートする寄付活動
 

当社は、RTRの法人サポーターとして、2008年からほぼ毎年5万USドル(約500万円)の企業寄付を行い、2020年までに約4,750万円の寄付を行ってきました。あわせて、社員からの募金やカフェテリアプラン※を通じた寄付などの資金支援を行っています。

支援金の活用方法は、寄付を行った当社社員の意見や、RTR側のニーズをもとに選択し、これまでベトナム、ネパール、インド、バングラデシュ、カンボジア、スリランカ、ラオスといった国々において、図書館・小学校などの建設、識字教育プログラムや女子教育プログラムの実施、そして現地語児童書籍の出版に活用されています。
 

寄付実績

 

 

支える


コンサルティングスキルを活かして多面的に支援


当社では、コンサルティングスキルを活かしたプロボノ活動により、RTRジャパンの取り組みを支えています。その1つが、RTRジャパンの法人パートナーによる支援獲得に向けた戦略策定支援です。
 
RTRジャパンがより多くの法人パートナーによる支援を獲得するために、寄付をめぐる市場動向やRTRジャパンを支援している企業の動向等を調査・分析し、法人パートナーによる支援獲得のためのアクション・プランを提案しました。

アクション・プランは、RTRジャパンの理事会において議論され、今後のRTRジャパンの活動のインプットとなる他、アクション・プランとして提示していた取組みの一部を当社にて引き続き支援を行います。

 

rtr

 

触れ合う


支援先を訪問。子供たちとコミュニケーション
 

本活動では、継続的な支援を行うとともに、活動の成果を確認・検証することも大切にしています。そのための取り組みとして、当社のCSR担当者による支援先の現地視察を実施しています。

2018年にスリランカ、2019年にはカンボジアを訪問し、支援先の幼稚園や小学校に通う子供たちと触れ合いました。訪問先で施設が効率良く運営され、子供たちがイキイキと学んでいる姿を目にし、本活動を行う意義を再確認しています。
 


 パートナーの声

NGO団体と企業がコラボレーションした先進事例をつくっていければ嬉しいです。

アビームコンサルティングさんには、いつも親身になって私たちの活動を支えていただています。
本業のコンサルタントとしての業務を抱えながら、時間を捻出して私たちの活動をサポートしていただいていると感じ、大変感謝しています。

コンサルティングスキルを活かしたサポートは心強く、法人パートナー獲得のためのツールとしてご提供いただいた支援事例集は、私たちの啓発活動に役立っています。

また、CSRユニットの有志の皆さんに支援先を訪問いただき、支援の成果を現場で直接ご確認いただけたことも印象に残っています。現地訪問後のレポートや映像での訪問報告がとても丁寧で分かりやすく、私たちも子供たちの笑顔に励まされました。

これからも良きパートナーとして、NGO団体と企業のコラボレーションの先進事例を一緒につくっていければ嬉しく思います。
 

CSRRTR_matsumaru

 
  特定非営利活動法人
  ルーム・トゥ・リード・ジャパン
  事務局代表
  松丸 佳穂 様

 

 

page top