GX(グリーントランスフォーメーション)
モニタリング支援サービス

GXマネジメントに必要となるコストデータ・使用量/排出量データを一元管理するプラットフォームの提供により、需要家企業におけるカーボンニュートラル実現に向けて継続的に支援

2050年カーボンニュートラルに向けた「移行期」となる市場環境においては、国ごとの政策やエネルギー価格の変動状況に応じて、最も投資対効果が高いGHG削減対策を選定し、企業全体のGHGデータを一元管理する高度なデータ管理基盤が求められます。 当社は、10 年以上にわたるエネルギーマネジメント、省エネ法などの外部報告支援における豊富なサービス提供実績を基に、高度なGHGデータ管理基盤であるGXマネジメントプラットフォームおよび運用コンサルティングの提供を通じて、需要家企業におけるカーボンニュートラル実現に向けたGX推進を支援いたします。

GXモニタリングの必要性

これまで、多くの国内企業においては、省エネ法などの法対応を前提としたエネルギー使用量や、光熱費の合計値のみをデータ管理対象としてきました。
今後、削減対策の意思決定をするためには、エネルギー調達価格の内訳情報(契約単価、再エネ賦課金単価、燃料・原料費調整単価、税金など)を一元管理することが必要となります。その上で、エネルギー調達価格やGHG削減施策コストが市場環境の変化に応じてどの程度変動するのかのシナリオを設定して、GHG削減施策の投資対効果を評価することが求められています。

GXモニタリング支援サービスの概要

GXモニタリング支援サービスの概要

GXマネジメントプラットフォームの概要

GXマネジメントに必要なコストデータ・使用量/排出量データを一元的に管理するプラットフォームを提供します。
また、RPAを活用した自動登録機能と入力代行サービスにより、データ収集を自動化します。これにより、コストデータに基づいた具体的なGHG削減対策の検討が可能となるだけでなく、外部報告の効率化・高度化も実現します。

GXマネジメントプラットフォームの概要

GXマネジメントプラットフォームで実現できること

GXマネジメントプラットフォームで実現できること

GXモニタリング支援における5つのポイント

GXモニタリング支援における5つのポイント

運用コンサルティングサービスオプション

データプラットフォームの提供だけでなく、貴社の状況に応じ、GX戦略ロードマップ策定、外部情報開示・報告対応のレポート作成、エネルギー予算策定、予実分析などの様々なプロセスを専門コンサルタントが支援いたします。

運用コンサルティングサービスオプション

お問合わせ先 :産業インフラビジネスユニット(JPABEnergyMgmt@abeam.com)

PDFダウンロード

関連ページ

page top