ABeam Visual Analytics

Visual Analytics

https://youtu.be/m7_Ev-qvLXM

常に変化する情報と業務要件に対応するデータ活用サービス

過去に構築した経営ダッシュボードやマネジメントコックピットを継続的に有効活用できている企業は多くありません。定型情報を同じように開示するだけでは、経営層はもちろんのこと、経営企画などの分析担当者ですら見なくなってしまいます。一方で、Visualization技術の進歩に合わせて大量データの中から異常値や傾向値を簡易に見せたり、多種多様なデータを結合して分析を深めたりといった事例も増えつつあります。
アビームコンサルティングは、豊富なBI導入実績、業務知識およびプロジェクトマネジメント力を生かし、企業のデータ活用を促進します。

データ活用手法

毎月同じ結果情報を見ていても、結果に至る要因や比較情報がなければ有効な施策を講じることはできません。
データを活用し、最適なアクションに結びつけるためにはデータからのさまざまな気づきを共有する必要があります。

プロジェクトの進め方

まず、今あるデータを対象として比較や絞り込みによる分析を行います。データを確認しながらヒアリングにて課題や分析ニーズを共有し、分析対象データを特定しながらデータ分析やVisualizationを行います。ワークショップを開催し、業務/ITメンバーと分析結果を確認しながら、追加要望やニーズを取り込みます。このサイクルを繰り返すことによって分析活動を深めるとともに、分析範囲を広げていきます。また、上流システムや業務プロセスの調査および施策の検討を行い、ネクストアクションや次回分析テーマを確定し、継続的にデータの活用を促進します。

Analyticsサイクルでのサービス活用事例

Analyticsサイクルでのデータ活用プロジェクトを実施した企業では、スモールスタートかつ早期にデータの視覚化やデータ活用を開始したことにより、具体的な施策の検討・実施が進んでいます。

PDFダウンロード

関連サービス リーフレット

関連ページ

page top