地方公共団体向けICT事業継続計画策定支援サービス

地方公共団体は、災害時において地域住民の安全確保、被災者・企業活動支援に必要となる災害応急・復旧業務を実施する重要な責務を負っています。さらに、業務の実施にあたっては情報システムが不可欠であり、事業継続のために日頃から万全な備えが求められます。
アビームコンサルティングは、地方公共団体に特化した独自のフレームワークを提供し、ICT 事業継続計画(ICT Business Continuity Plan : ICT-BCP) の策定を支援いたします。

地方公共団体におけるICT事業継続計画策定の現状

情報システムは、平常時からさまざまな脅威に対する備えがないと、被害を受けてからの事後復旧に多くの時間を要し、結果として業務が長期間停止してしまうことなります。
2010年11月に発表された調査結果 ※ によると、ICT事業継続計画策定済の地方公共団体はまだ少ない一方で、災害に対する危機意識は高まっており、地方公共団体でのICT-BCP策定は全国的に今後一層進むものと考えられます。

「地方公共団体向けICT事業継続計画策定支援サービス」の特徴

アビームコンサルティングでは、ICTの特性を十分に考慮して、地方公共団体の耐災害力強化および事業継続能力向上を支援します。

ICT事業継続計画策定サービスの全体像

「地方公共団体向けICT事業継続計画策定支援サービス」では、地方公共団体の特性を考慮したうえで、ICTの現状調査から計画策定後の教育・訓練まで、すべての段階にわたって支援します。
このサービスは、当社が三鷹市と共に策定した「三鷹市ICT 事業継続計画」と同様のノウハウを活用しています。

成果物イメージ

ICT事業継続計画は、策定後の運用を見据え、「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Action(改善)」のPDCAサイクルに沿って構成されます。また、地域防災計画やISMS文書との連動性も確保されます。

PDFダウンロード

「公共」 関連のお客様事例

武蔵野市役所
64業務を網羅できる次期住民情報系システムの構築に向け、 業務にかかわる徹底的なヒアリングを実施。
業務改善 、ICTコスト圧縮 、システム品質向上を同時に達成できる要件定義・調達支援を実現。

三鷹市役所

三鷹市役所
ICT事業継続計画(BCP)策定プロジェクト。
地方自治体のICT事業継続計画(BCP)策定を支援。自然災害、停電、サイバー攻撃などさまざまな脅威に対応、リスクや優先度、行動手順を可視化し、実効性あるBCPを実現。

「公共」関連のサービス

page top