武蔵野市役所

Customer Profile

会社名
武蔵野市役所
所在地
〒180-8777 東京都武蔵野市緑町2-2-28

※会社名、肩書き、役職等は取材時のものです。

64業務を網羅できる次期住民情報系システムの構築に向け、 業務にかかわる徹底的なヒアリングを実施。
業務改善 、ICTコスト圧縮 、システム品質向上を同時に達成できる要件定義・調達支援を実現。

事務作業の多くをICTに委ねている今日、職員 を支えるICTの統合化や高度化、それに伴う業務の標準化は避けて通れない。住民情報系システムの再構築に踏み切った武蔵野市。検討にあたっては、ホストシステムとオープンシステムが混在した環境や、マルチベンダ構成によるシステム間連携の煩雑化等、現状シ ステムに係る課題も多く、各主管課との調整、業務横断的な対応が必要となる。

プロジェクト概要

課題

  • 「統合化」「標準化」「高度化」を推進しながら、住民情報系シス テムの構築を「確実に推進」する
  • 「業務改善を実現・実感できる」「ダウンサイジングと運用効率 化を実現できる」「安定した市民サービスを常に提供できる」 システムを構築する

ソリューション

  • 豊富な再構築実績で裏付けられた、ABeamの“実効性のある 方法論”を活用
  • 先進自治体の支援実績で培った、システム最適化ノウハウを 余すところなく提供

成功のポイント

  • 自治体基幹系業務に係る豊富な知見・経験を有するコンサル タントが参画する
  • 「現場」「実証」「数値」を根拠とした要件を策定する
  • 職員参加型評価手法による“自分たちのシステムは自分たちで選択した”という意識を醸成する
  • 事業全体の牽引役として、常に提案ベースで関係者間の橋渡しを実施する

Story

ABeamは、私たちの意見や要望をよく聞きながら、さまざまな提案をしてくれました。提案の選択肢がひとつでなかった点が印象的ですね。ケースに応じた対応がポンポンと出てくるのは彼らの知見の多さを示すバロメーターだと感じました。

武蔵野市 
総務部情報 管理課長
樋爪泰平氏

Story

プロジェクトの背景

Story

プロジェクトを推進する上での課題

Story

課題解決のソリューション

Story

導入効果と今後の展望

PDFダウンロード

お客様事例一覧へ

page top