三鷹市役所

三鷹市役所

Customer Profile

会社名
三鷹市役所
所在地
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号

※会社名、肩書き、役職等は取材時のものです。

ICT事業継続計画(BCP)策定プロジェクト。
地方自治体のICT事業継続計画(BCP)策定を支援。自然災害、停電、サイバー攻撃などさまざまな脅威に対応、リスクや優先度、行動手順を可視化し、実効性あるBCPを実現。

東日本大震災では、日本が地震大国であることを改めて思い知らされた。また、台風や集中豪雨などの風水害も後を絶たない。今、産業界ではあらゆる視点で事業継続計画(BCP)が検討されている。中でも注目されているのが、情報通信技術(ICT)の領域である情報システムだ。これは行政サービスにおいても同様である。あらゆる行政サービスにICTが浸透している今日、システムなしでは行政サービスが成り立たない。
ICT利活用の先進的自治体として知られる三鷹市は、そのリスクへの危機意識がどこよりも高かった。その現れとして、全国の自治体に先駆け、ICTに特化したBCP(ICT-BCP)の策定に取り組んだのだ。行政サービスは市民生活に直結するだけに、実効性のあるICT-BCPでなければならなかった。

プロジェクト概要

課題

  • 積極的なICTの利活用、最先端の情報システム導入の結果、統一ドキュメントによるシステムの把握が困難
  • 業務システム構築時アウトソーシングのため、システム障害に係る脅威発生時の対応が不安
  • システム障害に係る脅威発生時のシステム停止とその復旧対応の遅れにより行政機能不全が長期化する懸念
  • システム障害に係る脅威発生に備えた想定脅威の把握と適切なリスク分析による効果的な投資

ソリューション

  • 災害時のみならず、行政サービスの継続に影響を与える非災害時に発生する脅威まで幅広く対応
  • 地理的条件や過去の災害発生等、地域特性を踏まえた脅威シナリオを作成
  • 複雑な行政業務を「見える化」し、市民や社会に与える影響を綿密に分析
  • 情報システムに対するリスクを定量的に評価し、資源毎に顕在リスクを抽出
  • 現場職員が復旧活動に資することのできる、実効性のある行動手順の作成
  • PDCAサイクルに沿った計画運用 マネジメント(BCM)の確立

成功のポイント

  • 自治体業務に精通したコンサルタントによる“的確な調査・分析の実現”
  • “全庁全部署を巻き込む”横断的な体制づくり
  • “主観に寄らない”判断基準(定量評価手法)の適用

Story

私がABeamに初めにお願いしたのは3点、“われわれのことをよく知ってほしい”、“同じ視点で考えてほしい”、“一過性の仕事にしてほしくない”。この3つすべてに見事に応えてくれました。

三鷹市
企画部 情報化担当部長・ 情報推進課長事務取扱
後藤 省二氏

Story

プロジェクトの背景

Story

プロジェクトを推進する上での課題

Story

課題解決のソリューション

Story

導入効果と今後の展望

PDFダウンロード

お客様事例一覧へ

page top