Data-driven Manufacturing for Food Factory

新規センシング・統合データ解析により、食品製造の生産性と安全性を向上し、新たな食システムに対応する「データ駆動型ものづくり」を実現

原料高騰、安全への対応厳格化、食生活の変化等、食品製造業を取り巻く環境が厳しくなる中、生産性・食の安全性の向上・新たな食システムへの対応と大きな変革を迫られています。一方で、既存の改善活動や単純な“デジタル化”の効果に限界を感じるケースが見受けられます。アビームコンサルティングは、食品製造業におけるスマートファクトリーやサプライチェーン改革の知見・実績をもとに、YE DIGITAL社の各種センシング・AI等の構築・実装力を組合せ、食品製造・工場の課題を解決するデジタル改革の実現を支援します。

食品製造の課題と現場において取り組みが進まない真因

「生産性向上・フードロス削減」「フードセーフティマネジメントシステムの構築」「新たな食システムへの対応」等への対応がより重要性を増す一方、食品製造業の経営・製造現場では従来の改善活動・デジタル化での対応方法に限界が生じてきています。その真因は、「見えていない実態」「非連結データと個別最適」「未来工場の構想不足」にあります。

食品製造の課題と現場において取り組みが進まない真因

課題への対応・本ソリューションにより実現する世界観

本ソリューションでは、「 見えていない実態の表出化」、「データ連結による予知・予測」「未来工場のあり姿の導出と対応」を実現するための構想・設計にとどまらず、製造現場のデジタル化・業務実装に至るまで、食品製造の継続的な変革の実現を支援します。

課題への対応・本ソリューションにより実現する世界観

本ソリューションで活用するテクノロジーと実現する内容例

新規センシング・統合データ解析技術を活用することで、食品製造の生産性と安全性を向上します。具体的には、新規データ取得の実現方法を加味した必要なデータの洗出しと設計、解析・モデリングとAIエンジンによる実装を同時に行うことで、経営・製造課題の解決策・運用改善を実現します。

本ソリューションで活用するテクノロジーと実現する内容例

アプローチとアビームコンサルティングのケイパビリティ

当社は、エンジニアリング・サイエンス・デジタルテクノロジーの各種プロフェッショナルと、食品のライフサイクルを基にした、センシング設計・解析モデルの構築ノウハウを保有しています。YE DIGITAL 社のIoT・AIの各種パッケージ・カスタム構築力と組合せることで、企業変革に向けた構想・設計からセンシングなどの最新テクノロジーの実装、統合データ基盤の構築、業務改善まで一貫して支援します。統合的な支援を通じて食品製造業の経営・製造現場の「データ駆動型ものづくり」を実現します。

アプローチとアビームコンサルティングのケイパビリティ

PDFダウンロード

専門コンサルタント
橘 知志
橘 知志
Satoshi Tachibana
デジタルテクノロジービジネスユニット DXIセクター長

page top