Quick SAP® Ariba® SNAP Automation

SAP AribaとSAP S/4HANA®を連携して実現するクイックサプライヤーポータル

近年、支出最適化に向け先進的な取組みを行っているグローバル企業では、AIや最新のクラウドソリューションを活用し、企業グループ全体の購買改革に取り組み、生産性向上やコスト削減を実現しています。
購買から支払までのプロセスにおいては、サプライヤーと様々な取引情報を連携する必要がありますが、依然としてオフラインでのやりとりも多く、サプライチェーンの中でも最もデジタル化が遅れている領域と言われています。 ERP導入企業も、投資対効果・スケジュール等の理由により、サプライヤー連携機能が先送りになることも少なくありません。

ERP導入企業の課題

ERP導入企業において、社内における業務プロセスは標準化や効率化が推進されてきました。一方で、サプライヤーとの取引においては、メール・電話・FAXなどのオフラインでの取引が残り、サプライヤーを含めた業務の効率化の余地が多く残されています。また効率化が推進されている企業においても、既存EDIシステムの老朽化により刷新を迫られており、サプライヤーポータルの構築に課題を抱えています。

サプライヤーポータルの役割と重要性

発注~支払までのプロセスについて、バイヤー企業の基幹システム(ERPなど)とインターネットを介して、手軽にサプライヤーと繋がり取引ができることが今求められています。そのうえで重要となるのが、以下3つのポイントです。

SAP Aribaでクイックにサプライヤーポータルを実現

アビームコンサルティングでは、クイックにサプライヤーポータルを実現できるSAP Ariba SNAP Automation導入パッケージをご用意しております。
対象となるスコープは、バイヤー企業からサプライヤーへ送付する注文書とサプライヤーからバイヤー企業へ送付する請求書となります。Web上でサプライヤーと電子的なやり取りすることで、発注業務・受注確認・請求書照合のペーパーレス化、生産性向上が図られます。

特に、SAP S/4 HANA導入企業においては、簡単なカスタマイゼーションのみで導入が可能ですので、従来のサプライヤーポータル構築に比べ、初期費用を抑えクイックにサプライヤーポータルを実現することができます。
また、年間利用料は、バイヤー企業においては取引量・ユーザ数・サプライヤー数に制限なく、固定価格でご利用いただけ、サプライヤーにおいては、Light Account (無料)でのご利用となります。

導入スケジュール

Quick SAP Ariba SNAP Automationを活用すると、3週間~5週間で導入が可能です。なお、展開想定のサプライヤー数30~50社程度で標準機能をセットアップする際の導入期間の目安で、個別要件(国別要件等)次第で、導入期間は変動します。

アビームコンサルティングの提供価値

豊富な導入経験とノウハウにより最適なビジネスシナリオを描き、サプライチェーンのデジタル化推進による生産性の向上を支援致します。

【お問い合わせ先】

アビームコンサルティング株式会社
P&T Digital ビジネスユニット SCMセクター
https://www.abeam.com/jp/ja/service_line/scm
03-6700-8800
JPABSCMAriba@abeam.com

PDFダウンロード

専門コンサルタント

「サプライチェーンマネジメント」 関連のお客様事例

タイスタンレー(Thai Stanley Electric Public Co., Ltd.)

タイスタンレー(Thai Stanley Electric Public Co., Ltd.)
グローバル標準化に合わせた海外初のSAP導入を支援。
現地業務プロセスとのバランスを配慮、標準化定着に大きな意義。

マコーミック&カンパニー

マコーミック&カンパニー
拡大する中国ビジネスを支える経営基盤の強化をSAP® ERP によるグローバルなシステム標準化により支援。
「お客様の成功をともに考える」熱意にも高い評価。

花王株式会社

花王株式会社 2010年度版
SAP® ERP を活用し、ベストプラクティスを追求。
10年の歳月をかけ、世界のグループ企業の基幹システムを統一。

ブラザー工業株式会社

ブラザー工業株式会社
アビームコンサルティングをReal Partner として10年間の取り組みを結実。「グローバルビジョン21」の達成へと邁進。

花王株式会社

花王株式会社 2005年度版
アジアにおけるグローバル展開強化を目指し業務標準化を行なった「ABSプロジェクト」。アジア22拠点にSAPを導入し業務改善を推進。

花王株式会社

花王株式会社
グローバル事業の強化を目的に、品目マスタ管理システムを統合。
日本、欧米、アジアの共通システム導入で効率的なマスタ管理を狙う。

「サプライチェーンマネジメント」関連のサービス

page top