中国市場向けESG対応支援サービス

在中国日系企業のESG対応診断から計画策定・実行までを一貫してサポート

ESG対応※1を経営戦略の中核に据え、持続的な取り組みとして全社的な展開へと進めることによって成長の原動力とする企業は世界的に増大しています。その中で日本企業は、本社のみならず海外各拠点も含めてESG対応を推進し、実績を開示する必要に迫られています。
日本本社から中国拠点に対し、ESG対応の要請が届くことも増えていますが、要請どおりの活動では成果が導出できません。
なぜなら、中国固有の社会経済・文化的背景を踏まえ、中国社会が求める活動を正確に把握した上で、独自の活動方針を設定することが重要であり、これこそが、政府からの賛同やステークホルダーからの評価を得るための必須要件だからです。
中国政府のESG指針は世界的に見て高水準であることも鑑み、「中国特化型ESG対応」の実行が必要不可欠です。
アビームコンサルティングは中国社会の要請をふまえて企業価値を高めるため、現状分析から計画策定、各施策の実行支援まで一貫したサービスをご提供します 。

在中日系企業の現状

中国では、ESG領域の法制度化が進展し、国民意識も高まりを見せているため、企業は適切な対応によりESGリスクを回避、低減する必要に迫られています。
一方、在中日系企業は日本とは異なるビジネス環境と限られたリソースの中で、事業とESG双方の成果を求められる苦しい状況に立たされています。

在中日系企業の現状

ESG対応現状診断

中国の特殊性に配慮しつつESG対応を進めるためには、自社の現状を正しく把握することが非常に重要です。アビームコンサルティングは在中日系企業が特に注視すべきであるESGの「S: 社会」「G: ガバナンス」領域に特化した現状診断を提供し、企業リスクの把握を支援します。また、複数のグローバルガイドライン※4の法律・社会文化を取り入れた「ABeam中国標準チェックツール」を保持しています。
その上でこれに基づく画一的なチェックに留まることなく、地域特有の法規制、業種の特性や時流を踏まえてチェックツールをカスタマイズし、企業オリジナルのチェックツールを使って診断します。また診断結果は、課題が一目でわかるグラフィカルなレポートで提示し、業務改善のポイントを明らかにします。

ESG対応現状診断

「診断結果レポート」を受けて、必要に応じて、以下2種の追加支援も提供します。

追加支援

PDFダウンロード

専門コンサルタント

「会計財務・経営管理」 関連のお客様事例

学校法人早稲田大学

学校法人早稲田大学
「SAP S/4 HANA」を基盤とする研究支援・財務システムを導入。中長期計画「Waseda Vision 150」実現に向けた土台を築く

NEC Corporation of America

NEC Corporation of America (NECAM)
東京発のグローバル標準化―
“One NEC”に向けた経営改革プロジェクトが、米国をはじめ世界各地の拠点で続々と展開中。

タイスタンレー(Thai Stanley Electric Public Co., Ltd.)

タイスタンレー(Thai Stanley Electric Public Co., Ltd.)
グローバル標準化に合わせた海外初のSAP導入を支援。
現地業務プロセスとのバランスを配慮、標準化定着に大きな意義。

マコーミック&カンパニー

マコーミック&カンパニー
拡大する中国ビジネスを支える経営基盤の強化をSAP® ERP によるグローバルなシステム標準化により支援。
「お客様の成功をともに考える」熱意にも高い評価。

花王株式会社

花王株式会社 2010年度版
SAP® ERP を活用し、ベストプラクティスを追求。
10年の歳月をかけ、世界のグループ企業の基幹システムを統一。

株式会社 バンテック

株式会社 バンテック
組織統合に伴う経営基盤の一元化。
SAP® ERPパッケージ導入とATSの活用で、グローバルな経営基盤システムを短期間で構築。

ブラザー工業株式会社

ブラザー工業株式会社
アビームコンサルティングをReal Partner として10年間の取り組みを結実。「グローバルビジョン21」の達成へと邁進。

花王株式会社

花王株式会社 2005年度版
アジアにおけるグローバル展開強化を目指し業務標準化を行なった「ABSプロジェクト」。アジア22拠点にSAPを導入し業務改善を推進。

花王株式会社

花王株式会社
グローバル事業の強化を目的に、品目マスタ管理システムを統合。
日本、欧米、アジアの共通システム導入で効率的なマスタ管理を狙う。

「会計財務・経営管理」関連のサービス

page top