ABeam Cloud® Conversion Express Factory for SAP S/4HANA®

時代はDigital Nativeに。ABeam Cloud®が変革の基盤構築を支援します

https://youtu.be/h-IOw6qEIg4?rel=0
https://youtu.be/qXGD8D-UrS8?rel=0

Conversion Factoryが、なぜ今必要なのか

デジタル化の進展に備え、基幹系システムを用いた業務に対してもデジタル技術要素を積極的に取り込んだ変革が求められています。ソフトウェアベンダ側も、個々の機能の中にAIによる自動処理を組み込むロードマップを公開しており、順次機能が強化されていくことが想定されますが、そのデジタルコアとして早期にSAP S/4HANA®に移行することで、これらの変化に対し、段階的/斬新的に対応を進めることが可能となります。

Conversion Factoryが、なぜ今必要なのか

Conversion Factoryの効果

システムコンバージョン手法によるSAP S/4HANA®移行では、サンドボックス機、開発機、QA機、本番機と最低でも4回、リハーサルを含めると5-6回のコンバージョンを行う必要があります。これら一連の作業やアドオンプログラム修正には、単純かつボリュームの多い作業が多く含まれます。そのため、プロジェクト毎に専任の担当をアサインすることは効率的ではありません。

コンバージョンプロジェクトのタスク例

ABeam Cloud® Conversion Express Factory for SAP S/4HANA® の特徴

ABeam Cloud® Conversion Express Factory for SAP S/4HANA®は、SAP S/4HANA®の移行を支援するパッケージソリューションです。

ABeam Cloud® Conversion Express Factory for SAP S/4HANA® の特徴

SAP S/4HANA®コンバージョン期間短縮のポイント

ABeam Cloud® Conversion Express Factory for SAP S/4HANA®は、定型化された手順に沿って大量のカスタマイズやデータ変換作業を専門工場で処理することで、短期・低価格・高品質なサービスをご提供します。
本サービスを利用することにより、コンバージョンやアドオン改修に必要な人員の削減と、SAP S/4HANA®移行プロジェクトの期間短縮が可能です。
※初めのサンドボックス環境の構築を2ヶ月以内で実施いたします。

Factoryタスクの概要とお客様プロジェクトとの連携イメージ01
Factoryタスクの概要とお客様プロジェクトとの連携イメージ02

費用

基本パッケージ :9,800,000円 (含む AWS 256GB x 1環境 1,000,000円)
フルパッケージ :33,000,000円 (含む AWS 256GB x 3環境 2,500,000円)
※フルパッケージには基本範囲も含まれています。基本実施後にフルパッケージに拡張する場合は、その差分を請求いたします。

スケジュール

お客様のSAP S/4HANA環境への初回アクセスが可能になるまで基本パッケージで8週間
本番稼働フルパッケージを24週~ 32週間で実現

 

PDFダウンロード

「SAPコンサルティング」 関連のお客様事例

JFEスチール株式会社

JFEスチール株式会社
グループ約80社へ新財務会計システムを一気に展開。
国内外の激変する経営環境の中で継続的なビジネス成長を支える経営基盤構築に大きく貢献。

「SAPコンサルティング」関連のサービス

page top