NEC Corporation of America (NECAM)

NEC Corporation of America

Customer Profile

会社名
NEC Corporation of America
所在地
6535 North State Highway 161, Irving,Texas 75039, U.S.A.
創業
2006年7月1日
事業内容
IT(情報技術)とネットワーク技術を核に、 幅広い製品とサービスを提供

※会社名、肩書き、役職等は取材時のものです。

東京発のグローバル標準化―
“One NEC”に向けた経営改革プロジェクトが、米国をはじめ世界各地の拠点で続々と展開中。

世界有数の電機メーカーである日本電気株式会社(以下、 NEC)は、グループ一体での経営改革を進めている。
その一環として、米国の子会社NEC Corporation of America社(以下、NECAM)のSAP® ERPシステムを先行的に刷新した。その目的は2つ。アジアをはじめ世界各地のNEC子会社のERPシステムを刷新し、本社主導で一元化するためのテンプレートを展開すること。そして、複数の子会社を統合して設立されたNECAM内に並立・重複していたERPシステムを統合し、“One Company”を実現すること。その最終的な目標は、One NEC”のビジョンにもとづくリアルタイムのグローバル経営管理である。プロジェクトは日米にまたがるスケールの大きなものとなった。

プロジェクト概要

課題

  • 日本で構築したグローバル標準プロセスをベースに、NEC各海外子会社への展開に向けた標準テンプレート システムの構築
  • 経営の「見える化」で、本社主導の経営管理を強化
  • 全ビジネスユニットを通じた業務プロセスの標準化
  • US子会社間で異なるERPの一本化

ソリューション

  • SAP® ERP Central Component (SAP ECC) 6.0の導入により、会計、財務、営業、購買、流通の管理・業務の「見える化」を 実現
  • 現地法人のメンバーも加えたCOE(Centers of Excellence)の設置と、COEによる標準化管理
  • プロジェクトの可視化・トラッキングを目的としたSAP® Solution Managerの導入と活用

成功のポイント

  • 本社のガバナンスの徹底とCOE設置による徹底的な標準化管理
  • NEC本社との緊密な連携と情報共有
  • NECAM経営陣の強力なコミットメント
  • 推進委員会への全部署の参画と「ビジネスプロセスチャンピオン」の設置
  • 国境を越えて編成されたプロジェクトチーム

Story

実際、日本の“標準”が海外で通用するはずがない、という冷ややかな空気がありました。しかし、グローバルで守るべき制度・ルールは、本来、本社で決めなければいけません。

辻孝夫氏
General Manager Management Information Systems Division
NEC Corporation

Story

プロジェクトの背景

Story

プロジェクトを推進する上での課題

Story

課題解決のソリューション

Story

導入効果と今後の展望

PDFダウンロード

お客様事例一覧へ

page top