電力ビジネス基礎講座『デマンド・サイド・フレキシビリティ(DSF)』で登壇

現在、欧米のエネルギー市場においては自由化の進展、再生可能エネルギー普及拡大およびデジタル技術の進化により従来のエネルギーバリューチェーンが大きく変革するとともに、市場における「アグリゲーター」の役割が重要になりつつあります。
近年欧米のエネルギー市場においては、さまざまなタイプの「アグリゲーター」ビジネスが構築されており、市場での競争環境がますます厳しくなっています。
本講座では、欧米における「デマンド・サイド・フレキシビリティ(DSF)」ビジネスの市場背景および3つのビジネスモデルのタイプ別事例をご紹介します。「DSF」ビジネスの基礎を解説するとともに、現在のCOVID-19 による「DSF」ビジネスへの影響についても併せて解説いたします。

みなさまのご参加をお待ちしております。

日時:2021年6月4日(金)15:00~17:00 
会場:オンライン開催
主催:株式会社日本ビジネス出版 環境ビジネス編集企画部            
対象:デマンド・サイド・フレキシビリティの基本的な動向を把握したい方、
           新規事業・サービス展開を思案したい方
参加費:13,200円(税込)

■プログラム
・デマンド・サイド・フレキシビリティ(DSF)が必要となっている背景
・DSFの定義(DR、アグリゲーションコーディネーターとの違い)
・DSFによる5つの収益要素
・欧米におけるDSF活用の変遷
・DSFビジネスモデル事例
・COVID-19によるDSFビジネスへの影響
・まとめ
・質疑応答

【当社登壇】
2021年6月4日(金)15:00~17:00「デマンド・サイド・フレキシビリティ(DSF)」
産業インフラビジネスユニット ダイレクター 山本 英夫

詳細・お申込みはこちら>>
https://www.kankyo-business.jp/event/detail.php?id=554

page top