「ウェルビーイングを実現する新たな従業員体験(EX)」でDXを活用した健康経営をテーマに登壇

Withコロナ時代の到来により、コミュニケーション不足や労働生産性の低下等の企業課題があります。解決策の一つとして、従業員の健康状態やモチベーションが生産性に大きく関係していると考えられ、ウェルビーイング(well-being)という概念が注目を集めています。
本セミナーでは、ウェルビーイングを目指すことの重要性や経営との相関性、EXの具体的な取り組み事例、適正な人材配置・評価・育成、ストレスチェックや健康管理等、EX向上に役立つツールやソリューションについてご紹介します。
当社講演では、脳科学アプローチによる社員のパフォーマンス向上と、DXを活用したデータドリブンな健康経営実践について、事例を交えてご紹介します。

みなさまのご参加をお待ちしております。

日時:2021年6月11日(金)13:30~16:00 
会場:オンライン(ライブ配信)
主催:日本経済新聞社 デジタル事業 メディアビジネスユニット
協賛:アビームコンサルティング株式会社 他
参加費:無料(事前登録制)*申し込み締切:2021年6月9日(水)23:59

【当社登壇】
2021年6月11日(金)15:10~15:35
Digital Well-Being ~VUCA時代に求められる、新たな生産性向上のためのDXと脳科学アプローチ
Sustainability Transformation Initiative/Digital Well-Beingサービスリード
シニアマネージャー 北林 愛里

詳細・お申込みはこちら>>
https://events.nikkei.co.jp/38324/

page top