WES(倉庫実行システム)を活用した
物流センターのDX化支援サービス

AI・デジタルツインなどの最新テクノロジーを活用し物流センターの運営最適化を実現

人手不足の慢性化や物流コストの上昇など物流環境が大きく変化するなか、物流センターにおいては自動化・省人化の推進といったサスティナビリティへの対応や環境変化に対するアジリティ(機敏性)向上に向けたDXの実現が急務となっています。アビームコンサルティングは、ロジスティクス分野の豊富な改革実績とテクノロジーを活用することでDXを推進し、ヒト・モノ・ロボット(設備)・工程を含めた物流センター全体の運営最適化を実現します。

物流センターDXで目指すべき姿と障壁

現状のWMS(在庫などモノを中心とした倉庫管理システム)をベースとしたシステム基盤が慢性的な課題・デジタル化の遅れを引き起こし、物流DX実現の大きな障壁となっています。拡張性の低いシステム基盤からの脱却を図り、設計~運営管理~オペレーションまで、物流センターの運用全体(ヒト・モノ・ロボットなどの設備・工程)の生産性最大化と柔軟性向上が必要です。

物流センターDXで目指すべき姿と障壁

WES(Warehouse Execution System:倉庫実行システム)を活用した物流DXの実現

WESとは、マテハン・ロボットとの接続性の簡易化、人を含めたリソースの制御・稼働データ取得によるプロセスとの統合管理が可能な倉庫実行管理システムです。柔軟性も高く、AI やデジタルツインといった最新テクノロジーを活用したシステムの土台を築くことができ、物流DXの実現性を飛躍的に高めます。

WES(Warehouse Execution System:倉庫実行システム)を活用した物流DXの実現

アビームコンサルティングの提供価値

物流DXに関する豊富な実績とノウハウを持つアビームコンサルティングと、最新テクノロジー技術を持ちWESを開発・提供するYE DIGITAL社とのパートナーシップにより、クライアントの物流領域における目指すべき姿の構想から実現までトータルでご支援します。

アビームコンサルティングの提供価値

物流DXに “推進力”と“実効性”を与えるアビームのアプローチ

物流DXは実現性分析と効果測定の難易度が高いため、構想段階で滞りがちです。WES 製品を活用してPoCをクイックに立ち上げ、効果を検証しながらロードマップを策定していくアプローチを提案します。

物流DXに “推進力”と“実効性”を与えるアビームのアプローチ

PDFダウンロード

関連ページ

「サプライチェーンマネジメント」 関連のお客様事例

タイスタンレー(Thai Stanley Electric Public Co., Ltd.)

タイスタンレー(Thai Stanley Electric Public Co., Ltd.)
グローバル標準化に合わせた海外初のSAP導入を支援。
現地業務プロセスとのバランスを配慮、標準化定着に大きな意義。

マコーミック&カンパニー

マコーミック&カンパニー
拡大する中国ビジネスを支える経営基盤の強化をSAP® ERP によるグローバルなシステム標準化により支援。
「お客様の成功をともに考える」熱意にも高い評価。

花王株式会社

花王株式会社 2010年度版
SAP® ERP を活用し、ベストプラクティスを追求。
10年の歳月をかけ、世界のグループ企業の基幹システムを統一。

ブラザー工業株式会社

ブラザー工業株式会社
アビームコンサルティングをReal Partner として10年間の取り組みを結実。「グローバルビジョン21」の達成へと邁進。

花王株式会社

花王株式会社 2005年度版
アジアにおけるグローバル展開強化を目指し業務標準化を行なった「ABSプロジェクト」。アジア22拠点にSAPを導入し業務改善を推進。

花王株式会社

花王株式会社
グローバル事業の強化を目的に、品目マスタ管理システムを統合。
日本、欧米、アジアの共通システム導入で効率的なマスタ管理を狙う。

「サプライチェーンマネジメント」関連のサービス

専門コンサルタント
山中 義史
山中 義史
Yoshifumi Yamanaka
デジタルプロセスビジネスユニット SCMセクター長

page top